「アドベ」の版間の差分

m
Bot: リダイレクト修正 わら
編集の要約なし
m (Bot: リダイレクト修正 わら)
[[Image:AdobeSurfaceCoatingRenewalOnWall.jpg|frame|right|ニューメキシコ州チャミサル(Chamisal)でのアドベ壁の表面の改装]]
 
'''アドベ'''([[スペイン語]]:'''Adobe''')または'''アドービ'''([[英語]]発音)とは、砂、[[砂質粘土]]と[[藁|わら]]または他の有機素材で構成された[[天然建材]]である。これらの有機素材を木製の型枠を使って日なたで干すことでレンガの形にして使われ、[[ヨーロッパ]]の[[コブ]]([[w:Cob (building)|Cob]])や[[日干しレンガ]]によく似ている。アドベの構築物は非常に耐久性に富み、地球上に現存している最古の建築物によく使われている。アドベ建築物は熱を吸収してから非常にゆっくりと放出するため、建築物の内部は涼しいままに保たれ、暑くて乾いた気候に適している。
 
日干しの土で作られた建築物は、中東や北アフリカ、そしてスペイン(通常[[ムデハル様式]])で一般的だが、アドベは数百年もの間、[[アメリカ合衆国]]南西部([[プエブロ]])、中央アメリカ、そして南米のアンデス山脈の地域の、アメリカ大陸の先住民によって使われてきた(ただ、しばしば多量の石もプエブロの建築物の壁に使われている)。このレンガの製作法は、16世紀にメキシコとペルーを探険したスペイン人によって輸入された。通常のレンガのサイズのものから、大きいもので1、2ヤード(0.91~1.82m)の長さのものまであるのが特徴である。
204,864

回編集