「初切」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''初切'''、'''初っ切り'''(しょっきり)とは[[相撲]]の[[禁手|禁じ手]]を面白おかしく紹介する見世物。相撲の[[取組]]の前に[[決まり手]][[四十八手]]や禁じ手を紹介するために[[江戸時代]]から行われていたが、現在では[[大相撲]]の[[花相撲]]や[[巡業]]などで見ることができる。
 
[[幕下]]以下の[[力士]]二人と[[行司]]が[[土俵]]にあがり、対戦形式で禁じ手を紹介する。例えば相手を蹴り倒したり、[[力水 (相撲)|力水]]を吹き掛けたり、現代のものでは他の[[格闘技]]の技を見せたりもする。禁じ手を用るわけであるからり組みもその度る為仕切り直[[プロレス]]のを真似て、[[ピンフォール]]の3カウントを行司が取ってとなり(初、ドサクサ行司をノックアウトしてみた[[反則行為|反則ザ・ドリフターズ]]のコントよろしく[[一斗缶]]負けはない)、勝負はかなか着かない。普段取組[[小道具]]が出てくる事もある。ある意味では見られない滑稽さから人気余興である高くこれを見演じ本人たちは真面目巡業先ネタを考案しており、力士・行司共かなり身体運ぶ者も居張った芸を見せ事が多い
 
禁じ手を用いるわけであるから取り組みもその度に仕切り直しとなり(初っ切りに限り[[反則行為|反則]]負けはない)、勝負はなかなか着かない。普段の取組では見られない滑稽さから人気が高く、これを見たさに早い時間から巡業先に足を運ぶ者も居る。
 
蛇足ではあるが[[弓取式]]同様に、この初切を務めた力士は出世できないという[[ジンクス]]が存在する(統計を取ったわけではなく、あくまで俗説)。ただし過去には[[栃錦清隆]]が[[横綱]]に、[[出羽錦忠雄]]が[[関脇]]に昇進しており、これで破られたと考える者がいる一方、現在でも相撲界のジンクスを語るときにはかなりの割合で出てくるものである。
匿名利用者