「がんもどき」の版間の差分

m
 
== 概要 ==
[[Image:Ganmodoki by eiko eiko.jpg|190px|thumb|left|煮付け]]
もともとは[[精進料理]]([[もどき料理]])で[[肉]]の[[コピー食品|代用品]]として作られた。名前の由来については諸説あり、最も知られているのは[[雁]]の肉に味を似せたとされることから「がんもどき」だという説。他にも鳥類の肉のすり身を鶏卵大に丸めて煮たり蒸したりする料理「[[つくね|丸(がん)]]」に似せて作った説や、がんもどきの中にきくらげではなく安物の昆布で代用したら丸めた形の表面に糸昆布が現れて、その様子が雁が飛んでいるかのように見えたためと考えられる説などが存在する。
 
9,663

回編集