「マルクス・クロディウス・プピエヌス・マクシムス」の版間の差分

プピエヌスとバルビヌス(2008年10月2日 (木) 14:38)を統合 (主執筆者: 名無し、やましん
編集の要約なし
(プピエヌスとバルビヌス(2008年10月2日 (木) 14:38)を統合 (主執筆者: 名無し、やましん)
[[tl:Pupienus]]
[[tr:Pupienus]]
 
 
'''[[マルクス・クロディウス・プピエヌス・マクシムス]]''' (Marcus Clodius Pupienus Maximus) と'''[[デキウス・カエリウス・カルウィヌス・バルビヌス]]''' (Decius Caelius Calvinus Balbinus) は[[ローマ皇帝]]。ともに[[238年]][[7月29日]]に死亡した。二人はゴルデイアヌス父子が皇帝位簒奪者マクシミヌス・タラクスを討伐することに失敗した後、ローマ元老院により238年[[4月22日]]に共同皇帝として推挙された。
 
'''プピエヌス・マクシムス'''は[[178年]]頃の生まれ。ローマの軍人の出世の典型例といえる。
 
'''バルビヌス'''も軍人で、執政官を務めた。マクシミヌス・タラクスが人民の敵と宣言され、アフリカでゴルディアヌス父子が敗北した後、二人は共同皇帝に選出され、ゴルディアヌス1世の孫、ゴルディアヌス3世が民衆からの人気のため副帝(カエサル)とされた。バルビヌスはローマに留まり、プピエヌスがマクシミヌス・タラクスを追撃に出た。
 
マクシミヌスの軍隊の状況は困難で、食料の不足などから軍中には不満があった。6月、パルティア第二軍団の兵士がマクシミヌスを殺害し、プピエヌスに投降したため、プピエヌスはローマに帰った。
 
バルビヌスとプピエヌスの仲は良好とはいえなかった。二人はゲルマン人とパルティア人への遠征を計画したが、口論が絶えなかった。親衛隊はこれに介入をはかり、7月29日、二人をともに襲撃して殺害した。その後には、わずか13歳だったゴルディアヌス3世が皇帝に就けられた。
==関連項目==
*[[3世紀の危機]]
*[[軍人皇帝時代]]
 
{{先代次代|[[ローマ皇帝一覧|ローマ皇帝]]<br>27代|[[238年]]|[[ゴルディアヌス1世]]<br>[[ゴルディアヌス2世]]|[[ゴルディアヌス3世]]}}