「オワンクラゲ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
主に春から夏にかけて見られる。水面に浮き、殆ど動きがないが、他のクラゲや小魚などを大きな口を開けて丸呑みしてしまう。
 
クラゲの中では比較的生命力が強く、飼育も容易である。刺激を受けると生殖腺を青白く発光させるが、これは[[緑色蛍光タンパク質]](Green Fluorescent Protein; GFP)の働きによるもので、[[1960年代]]に2008年の[[ノーベル化学賞]]を受賞した[[下村脩]]により発見された(研究の為85万匹もの大量捕獲をしたという)。GFP遺伝子は[[1992年]]に単離され、現在手軽な自然の蛍光標識として[[生化学]]の手法の中で広く使われている。2008年の[[ノーベル化学賞]]の受賞で下村氏が研究の為85万匹の大量の捕獲したことが有名
 
==A. coerulescens と A. victoria ==
匿名利用者