メインメニューを開く

差分

遺伝的アルゴリズム

276 バイト追加, 10 年前
m
選択による特徴の追記。より具体的な内容の記述を加えました。
 
==== トーナメント選択 ====
トーナメント選択はあらかじめ決めた数(トーナメントサイズという)だけ集団の中からランダムで個体を取り出し、その中で最も適応度の高い個体を選択する方式である。トーナメントサイズを変更する事で選択圧をコントロールできる特徴がある。すなわち、トーナメントサイズを大きくする事で選択圧を高める事ができるが、初期収束による局所最適解に陥りやすくなる。
 
==== その他 ====
1

回編集