メインメニューを開く

差分

柏尾川

92 バイト追加, 13 年前
m
若干記述を修正、カワセミ
'''柏尾川'''('''かしおがわ''')は[[神奈川県]]南部を流れる[[二級水系|二級河川]]で[[境川]]の支流。'''戸部川'''とも呼ばれる。全長は[[戸塚区]]柏尾町から[[藤沢市]]川名で境川と合流するまでの約11km、[[流域面積]]は約84km<sup>2</sup>。
 
[[画像:kashiogawa_asahibashi.jpg|thumb|320px|柏尾川(朝日橋から)]]
水質汚濁によって一時魚が見られなくなっていた柏尾川だが、工場廃水・生活廃水の減少にともない、まず[[コイ]]や[[フナ]](下流部には[[ハゼ]]・[[ボラ]])といった、比較的水質汚染に耐性のある魚が多く繁殖した。また長年にわたる[[メダカ]]や[[オイカワ]]などの放流によってこれらの魚も次第に定着、また近年ではさらなる水質の改善に伴って[[アユ]]の遡上も見られるようになった。
 
水質の改善によって魚が生息するようになると、こんどはそれらをエサにする鳥達も集まるようになった。柏尾川では1990年代頃から[[サギ]]類や[[カモ]]類などの水鳥が頻繁に見られるようになったり、少数ながら[[カワセミ]]も見られる。また河口部では[[カモメ]]なども数多く見られる。
 
== 水害について ==
6,580

回編集