「パンク・ファッション」の版間の差分

* 鋲ジャンと呼ばれるレザーライダースジャケットに鋲を打ち、バンド名をペイントしたものはDIY精神に則り、手作りで作成されるのが主流。
* 欧米ではパンク・ファッションといえば80年代にイギリス郊外で大流行したパンク・リバイバル/ハードコア・パンクのスタイルが主流だが、日本は欧米と違いパンク・リバイバル/ハードコア・パンクのスタイルは勿論のこと、70年代のオリジナル・UKパンクのスタイルを好むものが大勢いる。
* 日本の芸能界では[[沢田研二]]がデザイナー[[早川タケジ]]とのコラボレーションによりいち早くパンクファッションを衣装に取り入れた。(1977年には紅白歌合戦で手錠に剃刀のピアス、1978年は「サムライ」にてハーケンクロイツの腕章を付けた革ジャンを着用)
 
== 外部リンク ==
匿名利用者