「UART」の版間の差分

m
m (→‎UARTの原型: dab ディジタル・イクイップメント・コーポレーション|DEC)
==UARTが検出するエラー==
UARTはデータの信頼性を保つために、エラーを検出する機能を持つ。UARTは、[[割り込み]]や内蔵[[レジスタ]]によって、マイクロプロセッサにエラーが発生したことを伝える。以下に、UARTが検出するエラーを示す。
*;[[パリティ]]エラー
:受信した[[キャラクタ_(コンピュータ)|キャラクタ]]の[[パリティビット]]が誤っていたときに発生するエラー。パリティ無効の設定にしているときは発生しない。
*;オーバランエラー
:受信バッファに格納されたキャラクタをマイクロプロセッサが取り出さないうちに、[[シフトレジスタ]]に次のキャラクタが揃ってしまったときに発生するエラー。取り出されなかったキャラクタは失われる。
*;フレーミングエラー
:ストップビットを受信すべきタイミングで、信号がストップビットの論理ではなかったときに発生するエラー。