「ツープラトン」の版間の差分

編集の要約なし
語源は「'''two platoon'''(2個の[[小隊]])」から来ているので、[[哲学者]]の[[プラトン]]とは何の関係もない。
 
もちろん反則であるが、5カウント以内の[[反則]]が許されているプロレスのルール上、いきなり反則負けになることはほとんどない。
 
かつてはカウンターのダブル[[エルボー]]、ダブル[[チョップ]]、[[ジャイアント馬場]]が[[坂口征二]]や[[ジャンボ鶴田]]とのコンビで繰り出したダブル[[十六文キック|カウンターキック]]などのパターンに限られていた(「二人で一人と戦うのがタッグの定石」とは当時から言われていたが、タッチワークや自軍コーナーに引っ張り込んでの二人がかりでの攻撃、といった分野が主であった。[[ルー・テーズ]]は味方が[[フォール]]された際のカットすら「ナンセンスだ」と語っている)。1980年代前半になって、[[長州力]]&[[アニマル浜口]]や[[スタン・ハンセン]]&[[ブルーザー・ブロディ]]のツープラトン・[[パイルドライバー]]、[[ロード・ウォリアーズ]]の各種ツープラトン攻撃などが出現し、今のツープラトン攻撃全盛時代に至った。
 
普通は相手を正面において技を掛けるが、相手をはさむように技を掛けた場合は「[[サンドイッチ]]ラリアット」などと称する。
 
なお、一見、一人でやった場合よりも効いてなさそうなものも存在する。
 
 
 
'''打撃技'''
*ダブル[[ドロップキック]]
*ダブル[[ラリアット]]
*ダブルフロントハイキック
*ダブル[[延髄切り]]
 
'''投げ技'''
*ハイジャックパイルドライバー
*ダブル[[ブレーンバスター]]
*ダブル[[バックドロップ]]
*ダブル[[のど輪落とし]]
*スーパー[[パワーボム]]
*ダブルインパクト
*3D(ダッドリー・デス・ドロップ)
匿名利用者