「小田切秀雄」の版間の差分

編集の要約なし
'''小田切 秀雄'''(おだぎり ひでお、[[1916年]][[9月20日]] - [[2000年]][[5月24日]]) は、日本の[[文芸評論家]]、近代文学研究者。
 
東京出身。左翼運動で旧制[[東京府立高等学校]]から放校された後、[[法政大学]][[文学部]]国文科卒業。[[1941年]]、『万葉の伝統』で注目されたが、[[1943年]]応召、[[1944年]]逮捕された。戦後、雑誌『[[近代文学]]』の創刊に加わる。法政大学教授を勤め、1965年学園紛争で学長と理事が総辞職した際[[総長]]代行を勤めた。1988年『私の見た昭和の思想と文学の五十年』で[[毎日出版文化賞]]受賞。法政大学[[総長]]代行を勤めた。『小田切秀雄全集』全18巻がある。
 
古典から現代作家までの幅広い評論をおこなった。[[マルクス主義]]芸術論による執筆が多い。国語教師の研究団体である[[教育科学研究会・国語部会]]に協力し、長年にわたって機関誌『[[教育国語]]』(むぎ書房)に文芸学や作品鑑賞論などを連載した。
匿名利用者