メインメニューを開く

差分

http://www.jcoty.org/history/2006.html   http://www.honda.co.jp/STREAM/
== 乗用車 ==
=== 概要 ===
'''ストリーム'''は、本田技研工業が製造している[[ミニバン]]型乗用車である
全幅が1.7m以下の5ナンバーサイズの3列シート7人乗りである。
2006年7月に二代目のストリームが発売された。
 
「[[ホンダ・シビック|シビック]]」の[[プラッ初代スフォーム (自動車)|プラットフォーム]]を用いて開発された5ナンバーサイズ、3列シート7人乗りのミニバンであるが、ミニバンらしくないスポーティさをウリにしており、シビックとともに2000-2001年の[[日本カー・オブ・ザ・イヤー]]を受賞した。<br>
二代目ストリームでも2006年-2007年の日本カーオブザイヤーのベストバリュー賞を受賞した。
 
[[スライドドア]]は採用せず、後席ドアも前席ドアと同じ前[[ヒンジドア]]で、同社で生産されている兄貴分の「[[ホンダ・オデッセイ|オデッセイ]]」を小型化したようなスタイルだったため「'''小オデッセイ=(コデッセイ)'''」とも呼ばれていた。
 
後に、車体寸法が全く同一で、よく似た[[デザイン]]と[[概念|コンセプト]]で登場した「[[トヨタ・ウィッシュ]]」が、最大の競合車種とされている。
 
=== 歴史 ===
| 後継=
}}
* [[2006年]][[7月13日]]にフルモデルチェンジ。スポーツグレードの「RSZ」が新登場。ロゴが「'''Stream'''」からすべて大文字の「'''STREAM'''」に変更された。5ナンバー枠いっぱいに収め、車高をオデッセイと同様に低床低重心設計により[[駐車場|立体駐車場]]に入れるよう低くなり、スタイリッシュなデザインになった。エンジンは、2.0Lと1.8Lの[[SOHC]] i-VTECが用意され、それぞれ150PSと140PSの出力を発生。このエンジンは、従来よりロングストローク化され、VTECにより部分負荷時に吸気バルブを遅閉じする[[ミラーサイクル]]を採用し、従来よりも低回転域のトルクの向上と低燃費を実現している。また2.0L車はCVTを採用している
また、低重心効果によりミニバンらしくない走りをウリにしている。エンジンは、2.0Lと1.8Lの[[SOHC]] i-VTECが用意され、それぞれ150PSと140PSの出力を発生。このエンジンは、従来よりロングストローク化され、VTECにより部分負荷時に吸気バルブを遅閉じする[[ミラーサイクル]]を採用し、従来よりも低回転域のトルクの向上と低燃費を実現している。また2.0L車はCVTを採用している。
* 強靭なシャーシとミニバンらしからぬクイックなステアリング特性や、低回転で余裕あるトルクを発するエンジンの組み合わせにより、7シーターとしては驚異的な運動性能を持っている。さらに、「RSZ」はステアリングにパドルシフトを備えており、マニュアル感覚の操作を行うことが出来る。マニュアルモードでも、レッドゾーンに達すると自動的にシフトアップする機能がついている(初代はレッドゾーンまでまわすことが出来た)。パドルシフトはステアリングと連動して回転するものであり、「[[スバル・レガシィ]]」のようにステアリングコラム側に固定したものではない。また、ダウンシフトブリッピングコントロールも装備されていない。
* 「RSZ」は通常グレードと比較して、カタログ上の動力性能(エンジン出力)/車体寸法(車高は同じ)の差は無く、サスペンションのセッティングやタイヤサイズ、パドルシフトの有無等が異なるのみである。
匿名利用者