「餌」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: nn:Åte)
編集の要約なし
# '''餌(飼育)'''とは、飼育している動物に与える食べ物のこと。特に、[[畜産]]や[[養鶏]]など事業として飼育する[[家畜]]に与える餌は、[[飼料]]という。<br/>転じて、人間の食べ物に用いる場合には、その料理の味が悪いことや、食事を与えられる人間の立場が料理を提供する立場の人間よりも弱いことなどを強調するときに、比喩的に用いられる場合もある。
# '''餌(誘引)'''とは、 [[動物]]を捕獲したい場合に、その動物を誘い出すための食べ物のこと。誘引餌とも。実際にはその動物が食べられないものでおびき出す場合も含む。動物を誘引餌(ベイト)でおびき出して捕らえるわなをベイト[[罠|トラップ]]と呼ぶ。また、餌でおびき出して動物に近づき、次第に人間に慣れさせるのを[[餌付け]]という。微生物を餌で釣り出すのを[[釣り餌法]]という。
#より一般的には動物が食べるものをその動物の餌という。
 
転じて、人間を誘惑する際に使う品物や報酬のことを餌と呼ぶ。この場合の餌は、食べ物でないことのほうが多い。
 
[[釣り|魚釣り]]における'''餌'''とは、[[釣り針]]に取り付けて魚が針に食いつくようし向けるための道具。対象魚の性質と釣りの方法に応じて使い分ける。
 
素朴な釣りでは、その場で得られる小動物を餌にする場合が多い。たとえば[[渓流釣り]]では[[トビケラ]]などの[[水生昆虫]]の幼虫、あるいはその周辺で見られるそれらの成虫を使う。これはそこに棲んでいる魚類はその場に見られる小動物を本来の餌としているので、それを餌に使うのは理にかなっている。
 
針につけない場合もある。また、魚を一カ所に呼び集めるために餌をばらまくのを[[まき餌]]という。
28,698

回編集