「南イリノイ大学カーボンデール校」の版間の差分

 
===日本校===
[[1988年]]、[[日本]]の[[新潟県]][[北蒲原郡]][[中条町]](現[[胎内市]])に日本分校(新潟校)が設置された。これは、南イリノイ大学本部が直接設置したわけではなく、日米貿易摩擦解消のために組織された日米貿易拡大促進委員会の後援のもとにより、中条町が町の予算40億円かけてが誘致したものである。開学した南イリノイ大学新潟校は、名義は「大学」だが、日本国の[[学校教育法]]が適用されないという、[[各種学校]]扱いだった。<BR>1990年以降に多数設置された「アメリカの大学日本校」と違い、一応は軌道に乗った学校運営で、本部からの教員招聘や地元との交流、さらには本部のある街[[カーボンデール (イリノイ州)|カーボンデール市]]と中条町の姉妹都市提携を締結、新潟県と[[イリノイ州]]は新潟・イリノイ教育経済評議会を結成するなどの一定の成果が得られている。<BR>なお、本校へ通常の[[日本人]][[留学]]生以外に分校からの留学生が多数いたが、末期は学生数減少から累積赤字を抱えることになり、分校としての関係を解消して、[[NSGグループ]]の傘下にあった。<BR>[[2007年]][[3月]]の卒業生を以って廃校となっている
 
[[1990年代]]以降に多数設置された「アメリカの大学日本校」と違い、一応は軌道に乗った学校運営で、本部からの教員招聘や地元との交流、さらには本部のある街[[カーボンデール (イリノイ州)|カーボンデール市]]と中条町の姉妹都市提携を締結、新潟県と[[イリノイ州]]は新潟・イリノイ教育経済評議会を結成するなどの一定の成果が得られていた。
 
なお、本校へ通常の[[日本人]][[留学]]生以外に分校からの留学生が多数いたが、末期は学生数減少から累積赤字を抱えることになり、分校としての関係を解消して、[[NSGグループ]]の傘下にあった。[[2007年]][[3月]]の卒業生を以って廃校となっている。
 
== 関連項目 ==
24,266

回編集