「ヌープ硬度」の版間の差分

誤謬の修正。ついでに無駄な英語表記を割愛。カテゴリ付与。
(誤謬の修正。ついでに無駄な英語表記を割愛。カテゴリ付与。)
'''ヌープ硬度'''(Knoop hardness)とは工業材料の[[硬さ]]を表す尺度の一つであり、押込み硬さの一種である。
[[モース硬度]]に比べると科学的に数値の増加が正確に硬さの増加をしめすため科学的尺度として用いられている。
 
圧痕表面積で試験荷重を割って算出される。
 
:<math>HK={{load(\mbox{kgf})} \over {impression\ area (\mbox{mm}^2)}}={P \over {C_pL^2}}</math>
 
項目:
:''L''<sup>2</sup> = 圧痕表面積(単位mm<sup>2</sup>)
:''C''<sub>p</sub> = 補正係数 0.070279
:''P'' = 加重(単位kgf)
 
== 例 ==
* [[剛性率]]
 
{{DEFAULTSORT:ぬふこうと}}
[[en:Knoop hardness test]]
[[Category:材料工学]]
[[Category:単位]]
 
[[de:Härte#H.C3.A4rtepr.C3.BCfung nach Knoop]]
[[en:Knoop hardness test]]
[[fr:Échelle de Knoop]]
[[pt:Dureza Knoop]]
8,808

回編集