「数秘術」の版間の差分

m
誤記補正。
m (ロボットによる 追加: zh:命理學)
m (誤記補正。)
一般的な占術の方法は「[[命術]]」で、占う対象の[[生年月日]]([[西暦]])や[[姓名]]などから、固有の[[計算式]]に基づいて[[運勢]]傾向や先天的な[[宿命]]を占う方法である。
 
== 数秘術のまり ==
数秘術の[[創始者]]は一般的に[[ピタゴラスの定理]]で有名な[[ピタゴラス]]と言われている。彼は「数秘術の父」として知られているが、その数千年前の[[ギリシャ]]や[[中国]]、[[エジプト]]や[[ローマ]]でも数秘術が使われていた事を示す証拠が存在している。当時は、許された者にのみ、口頭でその情報が伝えられていたようである。
 
8,370

回編集