メインメニューを開く

差分

m
「族」を「属」、「チター」を「ツィター」に変更
[[Image:Zither.png|right|thumb|チター|ツィター]]
[[Image:MasterworksHammeredDulcimer.jpg|thumb|ダルシマー]]
'''ツィター(チター)属'''(-ぞく)は[[弦楽器]]の分類のひとつ。[[ヨーロッパ]]・[[チロル]]地方の[[撥弦楽器]]である[[チター|ツィター]]に由来する。'''琴'''とも。
 
==定義==
ツィターは[[HS分類]]のような[[楽器分類学]]上の厳密な分類ではない。したがって内容は広義にわたり、ツィターに類する形状・奏法をもった楽器に限定する解釈から[[ビリンバウ]]のような[[楽弓]]も含めるものまで存在する。ただし一般的には、ツィターのようなものの総称、すなわち「共鳴体に弦を平行に張ったもので、かつ[[リュート]]属のようなネックを持たないもの」を総体的に指すことが多い。結果リュート属と比べると比較的大型で、箱状の共鳴胴と多数の弦をもち、撥弦もしくは打弦によって演奏するものがもっぱらツィターとみなされ、これがツィターの定義にも再帰的に反映されている。
 
ツィターや[[カーヌーン]]がツィターに含まれることは明白であるが、[[チェンバロ]]のような[[鍵盤楽器]]、または[[ダルシマー]]に代表される打弦楽器の扱いが争点となりうる。ダルシマーはその形状においてツィターと類似しているものの、弦を振動させる方法が異なる。ツィターがプレクトラムを用いて弦を弾くのに対し、ダルシマーは弦を叩くことによって弦の振動を得るためである。しかしツィターの定義が楽器の構造にある以上、ダルシマーもツィターに含めるのが一般的である。
 
一方[[チェンバロ]]は[[鍵盤楽器]]とみなされ、分類上はともかく一般にはツィターの類縁とされない。しかしツィターとチェンバロの相違はツィターが親指に装着した[[プレクトラム]]で弦を弾くのに対し、チェンバロがプレクトラムを[[鍵盤 (楽器)|鍵盤]]によって操作する点程度であり、原理においてツィターとほぼ一致している。ツィターの定義は視覚的なものに大きく依存しているといえよう。
 
==内容==
===ヨーロッパ===
;撥弦楽器
:ツィター、チェンバロ、[[オートハープ]](アメリカ)、[[カンテレ]](フィンランド)
;打弦楽器
:[[ピアノ]]、[[ツィンバロム]](ハンガリー)、ダルシマー(イギリス)
92

回編集