「広島県立戸手高等学校」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[画像:戸手高校.JPG|270px|thumb|戸手高等学校を正門より]]
'''広島県立戸手高等学校'''(ひろしまけんりつとでこうとうがっこう)は、[[広島県]][[福山市]][[新市町]]にある[[県立]]の[[高等学校#全日制の課程|全日制]][[総合学科]]高校である。
 
なお当校は[[1998年]]に従来あった広島県立戸手商業高等学校と広島県立至誠高等学校が合併して誕生した。そのため以下の沿革は両校のものを併記する。
 
*[[1923年]] 広島県立戸手[[実業学校]]に組織改変。
*[[1944年]] 5年制農業学校を設置。
*[[1945年]]61 広島捕虜収容所となる。
*[[1948年]] 広島県立戸手高等学校として開校。
*[[1949年]] [[全日制]]普通科、生活科、農業科及び定時制普通科をもつ男女共学の総合制高等学校となる。
*[[1962年]] 農業科の生徒募集を停止
*[[1963年]] [[普通科 (学校)|普通科]]、[[家政科]]の生徒募集を停止。商業科のみの募集となる。
*[[1964年]] [[高等学校#定時制の課程|定時制]]課程を設置
*[[1965年]] 広島県立戸手商業高等学校と校名変更
*[[1994年]] [[情報経営科]]を設置
7,635

回編集