「ハンス・ブルクマイアー」の版間の差分

m
(en:Hans Burgkmair 2008-9-23 22:33 UTC 著者:Magnus Manske, DanielCD, Kelisi, Bluebot, Johnbod他から翻訳(de:Hans Burgkmair der Ältere,en:Martin Schongauerも参照))
 
 
[[Image:Theuerdank.118a.jpg|thumb|left|160px|ブルクマイア画の『Theuerdank』の挿絵]]
ホルスタインはブルクマイアーの手になる木版画が全部で834、そのほとんどは本の挿絵で、そうでないものは100ちょっとしかない、とした。その中でとくに優れたものは構成が際だっていて、完全にとはいかないまでもイタリア・[[ルネサンス]]のスタイルとブルクマイアーの根底にあるドイツのスタイルがブレンドされている。[[1508年]]頃からは[[神聖ローマ皇帝]][[マクシミリアン1世 (神聖ローマ皇帝)|マクシミリアン1世]]のために[[木版画]]制作に多くの時間を費やし、それは皇帝の亡くなる[[1519年]]まで続いた。『マクシミリアン1世勝利凱旋』と題された135の木版画のほぼ半分は人物を画面いっぱいに描いていて、高い評価を受けた。他には『Weißkunig』と『[[:de:Theuerdank|Theuerdank]]』の挿絵のほとんどを手掛けた。
 
ブルクマイアーは[[キアロスクーロ#キアロスクーロ版画|キアロスクーロ版画]]の発明者としても重要な人物である。[[1508年]]に最初に1つのトーンブロック(色版)を使った<ref>[http://www.artbma.org/paintedprints/html/pp10.html Emperor Maximilian on Horseback]</ref>。『"死"に驚く恋人たち』([[1510年]])では3つの版木を用いた<ref>[http://www.bodkinprints.co.uk/product.php?id=31 Lovers Surprised by Death]</ref>。ラインブロック(線描画の主版)では満足な仕上がりにならなかったので、最初に色のみで印刷するように設計した。[[ハンス・バルドゥング]]や[[ルーカス・クラナッハ]]による以降のキアロスクーロ版画ではラインブロックも使われるようになった<ref>The Renaissance Print, David Landau & Peter Parshall, Yale, 1996, ISBN 0300068832</ref>。<!--エッチングは息子の作品なので省略-->
5,814

回編集