「上下」の版間の差分

m
スタイル修正
m (スタイル修正)
{{Otheruseslist|方向|かつて広島県甲奴郡にあった町|上下町|上下町にあるJR西日本福塩線の駅|上下駅}}
 
'''上下'''(じょうげ、うえした)とは、[[6|六]][[方位]]の名称の一つで、縦または高さを指す方位の総称。[[頭]]の方向を'''上'''(うえ)、その対蹠で[[足]]の方向を'''下'''(した)という。
 
 
===平面上の上下===
文字、写真、絵等が記載された表示面には一部の例外を除いて上下が決まっている。たとえば、この文書の表示面の上下方向および左右方向は下の図の通りである。
たとえば、この文書の表示面の上下方向および左右方向は下の図の通りである。
 
   上
(この図は左から右の横書きのブラウザで見てください。)
 
この文書を垂直な面に表示した場合だけでなく、斜めに傾けた面に表示した場合でも、印刷して水平面に置いた場合でも、この文書の表示面の上下は「上」の図の通りである。この文書は横書き(のブラウザを想定したもの)だが、縦書きでも上の図の方向には変化はない。ただし、縦書きの場合はこの文の現在位置が図の左側になるので、「右」の図という表現になる。
印刷して水平面に置いた場合でも、この文書の表示面の上下は「上」の図の通りである。
この文書は横書き(のブラウザを想定したもの)だが、縦書きでも上の図の方向には変化はない。
ただし、縦書きの場合はこの文の現在位置が図の左側になるので、「右」の図という表現になる。
 
表示面が壁面のように垂直な面である場合、上下は重力方向による定義と一致する。ただし、表示物をデタラメに貼り付けたものや、デザイン的意図でわざと変則的に表示したものは除く。
 
表示面を正しい向きに見るということは、表示面に視線を向け、かつ自分の頭部の上方向を表示面の平面上に投影した方向に表示面の上方向を一致させた方向に見る状態である。表示面が紙など簡単に位置や方向を調整できる媒体である場合、自分の向きにあわせて方向を調整すればよい。位置方向が固定された物の上にある表示面の場合、見る人の向きを調整するとよい。一般的な表示面は見るが最も自然な方向から見た時に正しい向きになるように表示面の上下方向を定めているものである。
表示面が紙など簡単に位置や方向を調整できる媒体である場合、自分の向きにあわせて方向を調整すればよい。位置方向が固定された物の上にある表示面の場合、見る人の向きを調整するとよい。一般的な表示面は見るが最も自然な方向から見た時に正しい向きになるように表示面の上下方向を定めているものである。
 
文字一つ一つにも正しい上下方向が定義されており、通常、表示面の特定方向に整列されている。文字の中には上下を逆転させただけで違う文字になるものもあるので、上下を統一することはとても重要である。(例:6と9、甲と由など)表示面を正しい向きで見ると、表示面の上方向が各文字の上方向と一致し、表示面の下方向が各文字の下方向と一致する。
表示面を正しい向き見ると、表示面の上方向が各文字の上方向と一致し、表示面の下方向が各文字の下方向と一致する。
 
;====例外====
:*手書きの寄せ書きなどは、とくに文字の上下を一致させなくてもよいルールである。「○×さんへ」などと書かれた真ん中の文字の上方向が寄せ書き用紙(色紙など)の上方向と一応は見なされるが、書き手の各員が好きな方向から書き込むものであるので、決まった向きがなくなるのである。
:*ダイヤル式切り替えスイッチ等のダイヤルに文字を表示する場合:ダイヤルスイッチの上に固定側にマーカー(目印)がある場合、ダイヤルの表示文字は上方向がダイヤルの中心から外側に向かう方向になるように配置される。ダイヤルを回してマーカー位置に設定したい選択肢の表示を持ってくると、その選択肢の表示文字の上方向がダイヤルスイッチの取付面の上方向に一致する。
:「○×さんへ」などと書かれた真ん中の文字の上方向が寄せ書き用紙(色紙など)の上方向と一応は見なされるが、書き手の各員が好きな方向から書き込むものであるので、
決まった向きがなくなるのである。
:ダイヤル式切り替えスイッチ等のダイヤルに文字を表示する場合:
:ダイヤルスイッチの上に固定側にマーカー(目印)がある場合、ダイヤルの表示文字は上方向がダイヤルの中心から外側に向かう方向になるように配置される。ダイヤルを回してマーカー位置に設定したい選択肢の表示を持ってくると、その選択肢の表示文字の上方向がダイヤルスイッチの取付面の上方向に一致する。
 
===構造としての上下===
ツリー構造・ピラミッド構造など、概念や組織などの要素が上位から下位へとつながりを構造的に捉える場合、ツリーの根っこまたは、ピラミッドの頂点に近い方を上、遠い方を下という。ただし、ツリー構造の場合、別の枝に属する要素同士には上下関係は定義されないのが普通である。
 
;====[[生物学]]====
:生物学では、[[器官]]の位置関係を表現するために、「前/後」「上/下」「左/右」の名称を用いない。体位によって重力方向との関係は一定しないからである。上下の代わりに「'''頭側'''/'''尾側'''」、前後の代わりに「'''腹側'''/'''背側'''」と称する。
 
;====[[交通]]====
:交通では、[[首都]]に向かう方向を''上り''(のぼり)、首都と逆の方向に向かう方向を''下り''(くだり)という。[[日本]]においては、[[東京都|東京]]が首都なので、鉄道や道路の「上り」は、東京方面を指すことになる(例:上[[東京都|京]]、下[[大阪市|阪]])。この場合、[[本州]][[日本海]]側では、「上り」という時は[[長岡市|長岡]]方面(沿岸の場合は[[柏崎市|柏崎]]方面)を指す。これは、[[鶴岡市|鶴岡]]方面から東京に向かう方向と、[[富山市|富山]]方面から東京・新潟・鶴岡に向かう方向が、長岡で衝かるためである。
;日本における[[地名]]
 
* 日本の多くの地名は東京に[[遷都]]される前に命名された所が非常に多く、[[畿内]]に都があったため、畿内に近い方を上、畿内から遠い方を下と呼ぶ事が多い。(例:[[上越地方|上越後]]、[[中越地方|中越後]]、[[下越地方|下越後]]、[[上野国]]、[[下野国]])
;====日本における[[地名]]====
* 日本の地名等の固有名詞に「上」「下」が付く場合、一般的に河川・道路等の上流側にあるか下流側にあるか、あるいは山地側(山地部)にあるか平地側(平地部)にあるかを示す。例を以下に挙げる。なお、[[前後#日本における地名|「前」「後」が付く場合]]は、京に近い方が前、遠い方が後である。
* 日本の多くの地名は東京に[[遷都]]される前に命名された所が非常に多く、[[畿内]]に都があったため、畿内に近い方を上、畿内から遠い方を下と呼ぶ事が多い。(例:[[上越地方|上越後]]、[[中越地方|中越後]]、[[下越地方|下越後]]、[[上野国]]、[[下野国]])
** [[賀茂川]]の上手(山側)にある[[上賀茂神社]]と下手(平地)にある[[下賀茂神社]]([[京都御所]]に近い方が下賀茂神社)
 
** [[木津川 (京都府)|木津川]]の上流側にある上狛と下流側にある下狛(京に近い方が下狛)
* 日本の地名等の固有名詞に「上」「下」が付く場合、一般的に河川・道路等の上流側にあるか下流側にあるか、あるいは山地側(山地部)にあるか平地側(平地部)にあるかを示す。例を以下に挙げる。なお、[[前後#日本における地名|「前」「後」が付く場合]]は、京に近い方が前、遠い方が後である。
** [[飛騨川]]の川上にあった[[七宗町#歴史|上麻生村]]と川下にあった下麻生町(京に近い方が下麻生町)
** 津保[[賀茂]]手(山側)にあった[[上之保村賀茂神社]]と下之保村平地)にある[[下賀茂神社]]([[から都御所]]に近い方が下之保村賀茂神社
** [[石神井木津川 (京都府)|木津川]]の流側にある[[石神井]]流側にある[[石神井]]狛(京に近い方が下狛)
** [[東武鉄道|東武]][[東武日光線|日光線飛騨川]]の山地側川上にあった[[七宗町#歴史|今市駅麻生村]]と平地側川下にある[[った今市駅]]麻生町[[東]]に近い方が下今市駅麻生町
** [[飛騨津保川]]の川上にあった[[七宗町#歴史|麻生之保村]]とにあった下麻生町之保村(京から近い方が下麻生町之保村
** [[毛野国]]([[鬼怒川|毛野川]])の山地部(上流側)にある[[上毛野国]](上州)と平地部(下流側)にある[[下毛野国]](野州)
*[[石神井川]]の川上にある[[上石神井]]と川下にある[[下石神井]]
** [[越後国]]の京に近い方の上越後と京から遠い方の下越後
** [[筑後川東武鉄道|東武]][[東武日光線|日光線]]の上流山地側にあった[[上津江村今市駅]]と下流平地側にあった[[前津江村下今市駅]]([[東京]]に近い方が下今市駅)
** [[毛野国]]([[鬼怒川|毛野川]])の山地部(上流側)にある[[上毛野国]](上州)と平地部(下流側)にある[[下毛野国]](野州)
** [[越後国]]の京に近い方の上越後と京から遠い方の下越後
*[[筑後川]]の上流側にあった[[上津江村]]と下流側にあった[[前津江村]]
 
== [[左右]]に上下を当てる例 ==
 
あるいはその分野における到達した位置の奥深さを指して「高い境地」なども上下の位置関係に置き換えた表現である。
 
==その他==
*広島県甲奴郡[[上下町]]
*西日本旅客鉄道福塩線[[上下駅]]
 
==関連項目==
*[[鉛直]]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:方向|しようけ]]}}
[[Category:対称性|しようけ方向]]
[[Category:対称性]]
{{stub}}