メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
'''安積 澹泊'''(あさか たんぱく、[[明暦]]2年[[11月13日 (旧暦)|11月13日]]([[1656年]][[12月28日]]) - [[元文]]2年[[12月10日 (旧暦)|12月10日]]([[1738年]][[1月29日]]))は、[[江戸時代]]中期の[[儒学者]]。諱は覚、字は子先、通称は覚兵衛、号は澹泊、澹泊斎、老圃、老圃常山、老牛など。
 
== 生涯経歴 ==
祖父の代からの[[水戸藩]]士の家に生まれる。[[寛文]]5年([[1665年]])[[江戸]]にて[[朱舜水]]の門下となり[[儒学]]を学ぶ。[[水戸]]に帰ってから[[天和 (日本)|天和]]3年([[1683年]])[[彰考館]]編修となり、藩主[[徳川光圀]]の命により『[[大日本史]]』の編纂を行う。[[元禄]]6年([[1693年]])彰考館総裁となる。[[正徳 (日本)|正徳]]4年([[1714年]])彰考館総裁を辞任するが、その後も死の直前まで大日本史の執筆、校訂を続けた。
 
 
== 関連項目 ==
* [[佐々宗淳]] - [[佐々木助三郎]](助さん)のモデル
* [[常磐共有墓地]]
* [[儒学者一覧]]
 
{{DEFAULTSORT:あさか たんはく}}
12,196

回編集