「参拝」の版間の差分

編集の要約なし
'''参拝'''(さんぱい)とは、[[神社]]や[[寺院]]に行って神仏を拝む行為のことである。
 
同様の言葉に'''参詣'''(さんけい)があるが、参拝は拝むことに主眼があるのに対し、参詣は寺社へ詣でる(行く)ことに主眼がある。ただし、[[寺社]]に参拝するためにはそこへ詣でることになるので、一般には両者は同義の言葉とみなされている。[[観光]]や[[学校]]などによる[[社会科見学]]<!-- 、抜け道として[[参道]]を使用する場合 ←さすがにこれは参詣とは言わないと思う -->など、宗教的な意味あいの薄いものについて「参詣」と言い分けることもある。
 
なお、[[天皇]]が神社を訪れることは参拝とは呼ばず「'''親拝'''(しんぱい)」と言う。これは天皇が[[神道]]上の[[現人神]]であり、祀られている神と同格であるとする教義に基づくものであるが、近年では新聞記事などでも参拝という言葉が用いられることが少なくない。
 
== 参拝方法 ==
匿名利用者