「勝村建設」の版間の差分

 
== 概要 ==
[[1947年]]2月設立、[[1961年]]10月[[東京証券取引所]]に上場(株価コード1817)、[[2005年]]9月に民事再生手続開始の申立てを決議、[[2005年]]10月30日をもって上場廃止。2006年7月18日に[[夢真ホールディングス]](株価コード2362、ヘラクレス)が勝村建設をスポンサードし、完全子会社化した。買収金額は約50億円。しかし、夢真ホールディングスはわずか8か月後の2007年3月末日に勝村建設の全株を売却すると発表し、同日にさくらグローバルマネジメント(非上場、ファンド事業)に売却した。勝村建設は新体制を発表し、代表取締役に元HSBCのMDである山田一二が就任し、建設に金融(ファンド)を取り入れた新たな試みが始まった。2007年度の売上予測は300億円程度だが、民事再生後、売上は毎年倍増しており、負債がなくなったことにより、各金融機関も融資には積極的で、勝村本来の1000億円企業となる可能性が出てきた。
親会社の2007年9月、さくらグローバルマネジメントはワシントングローバルファンド(ワシントンDC)クレイン米国ファンド(ニューヨーク)アジアのエグゼクティブアドバイザー。今回、D.B.Zwirnに勝村建設の株式100%取得売却したことに伴い、不動産。D.B.Zファンドを立ちは51億ドル以げる計画の運用おこなっている世界的規模のファンド
 
2007年9月、さくらグローバルマネージメントは、米国ファンドのD.B.Zwirnに勝村建設の株式100%を売却した。さくらグローバルマネジメントは1年でリストラ、財務強化を行い、企業価値を上げ、D.B.Zファンドに売り抜いた。D.B.Zファンドは51億ドル以上の運用をおこなっている世界的規模のファンド。
 
2008年10月30日、エフ・イー・シーで5億円の回収不能債権が発生した他、複数の不良債権が発生した。10月31日付の決済が不能となった為、同日を以て営業活動を中止する旨がHPに記載された。
 
2008年10月30日、株式会社エフ・イー・シーで5億円の回収不能債権が発生した他、複数の不良債権が発生した。10月31日付の決済が不能となった為、同日を以て営業活動を中止する旨がHPに記載された。
同社は、営業再開と法的整理の両面を視野に、今後の事業活動について検討中。
 
== 民事再生手続開始の申立ての経緯等 ==
匿名利用者