「第1エズラ書」の版間の差分

m
link
m編集の要約なし
m (link)
'''第1エズラ書'''(だいいちエズラしょ)は、[[カトリック]]や[[東方正教会]]では、[[旧約聖書]]に含めているが、ほとんどの[[プロテスタント]]教会では、正典とはみなさない、いわゆる[[旧約外典]]の書物のひとつ。[[ユダ]]の王[[ヨシヤ]]の[[過越]]から[[エズラ]]の活動に至までの歴史で、内容的には正典の[[歴代誌]]の最後の2章と[[エズラ記]]、[[ネヘミヤ記]]と並行する。[[新共同訳]]では、「エズラ記(ギリシャ語)」としている。第3章と第4章は独自の記事でダリヨス王の3人の護衛の若者の物語である
 
[[ユダ王国]]の王[[ヨシヤ]]の[[過越]]から[[エズラ]]の活動に至までの歴史で、内容的には正典の[[歴代誌]]の最後の2章と[[エズラ記]]、[[ネヘミヤ記]]と並行する。[[新共同訳聖書]]では、「エズラ記(ギリシャ語)」としている。第3章と第4章は独自の記事でダリヨス王の3人の護衛の若者の物語である。
 
==関連項目==
*[[第二正典]]