「蛇窪信号場」の版間の差分

m
編集の要約なし
(測地系変更)
m
{{coor title dms|35|36|33|N|139|43|33|E}}
[[画像:Jre hebikubo shingojo.jpg|thumb|240px|right|旧蛇窪信号場を西大井方面から望む。横切っている高架は東急大井町線。]]
'''蛇窪信号場'''(へびくぼしんごうじょう)は、かつて[[東京都]][[品川区]]にあった、[[日本国有鉄道]][[東海道本線]](通称[[品鶴線]])、[[山手線|山手貨物線]](通称[[大崎支線]])の[[信号場]]である。
 
現在も設備自体は以前と変わらず存在し利用されているが、[[大崎駅]]構内の扱いとなっている。正式な信号場ではないが運転上重要な設備であるため、[[ダイヤグラム]](列車運行図表)や[[運転士]]が携帯する行路表には現在でも信号場と同様に記載されている。
 
{{ウィキ座標度分秒|35|36|33|N|139|43|33|E|}}(世界[[測地系]])
 
== 構造 ==