「ユリア」の版間の差分

m
 
== 歴史上の人物 ==
歴史上では以下の女性が知られている。
;ユリア (ガイウス・マリウスの妻)
 
:[[ガイウス・マリウス]]の妻で独裁官[[ガイウス・ユリウス・カエサル]]の叔母。父は孫と同名のガイウス・ユリウス・カエサルで兄は独裁官カエサルの父ガイウス・ユリウス・カエサル。
=== マリウスの妻 ===
[[ガイウス・マリウス]]の妻で独裁官[[ガイウス・;ユリウス・カエサル]]の叔母。父は孫と同名のア (ガイウス・ユリウス・カエサルで兄は独裁官カエサルの父ガイウス・ユリウス・カエサル。姉妹)
:独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルには2人の姉妹がおり、区別のために姉を大ユリア、妹を小ユリアとも呼ぶ。このうち妹の小ユリアはマルクス・アティウス・バルブスと結婚し娘アティアをもうけた。この娘アティアはガイウス・オクタウィウスと結婚し、のちに初代[[ローマ皇帝]][[アウグストゥス]]として知られる息子ガイウス・オクタウィウス・トゥリヌス(のち独裁官カエサルの養子となりガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌス)の母となった。それゆえ小ユリアはアウグストゥスの祖母にあたる。
 
===;[[ユリア (ガイウス・ユリウス・カエサルの姉妹 ===娘)]]
:独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルと最初の妻、[[ルキウス・コルネリウス・キンナ]]の娘コルネリアとの娘で[[ポンペイウス]]の妻。[[ユリア (ガイウス・ユリウス・カエサルの娘)]]を参照
独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルには2人の姉妹がおり、区別のために姉を大ユリア、妹を小ユリアとも呼ぶ。このうち妹の小ユリアはマルクス・アティウス・バルブスと結婚し娘アティアをもうけた。この娘アティアはガイウス・オクタウィウスと結婚し、のちに初代[[ローマ皇帝]][[アウグストゥス]]として知られる息子ガイウス・オクタウィウス・トゥリヌス(のち独裁官カエサルの養子となりガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌス)の母となった。それゆえ小ユリアはアウグストゥスの祖母にあたる。
=== ;[[ユリア (アウグスタ ===トゥスの娘)]]
 
:初代ローマ皇帝[[アウグストゥス]]と2番目の妻[[スクリボニア]]の娘。娘のユリアと区別するための大ユリアとも。
=== カエサルの娘 ===
===;[[ユリア (アグリッパの娘 ===)]]
独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルと最初の妻、[[ルキウス・コルネリウス・キンナ]]の娘コルネリアとの娘で[[ポンペイウス]]の妻。[[ユリア (ガイウス・ユリウス・カエサルの娘)]]を参照。
:[[マルクス・ウィプサニウス・アグリッパ]]とアウグストゥスの娘ユリアとの娘。母のユリアと区別するために小ユリアとも。[[ユリア (アグリッパの娘)]]を参照
 
=== ;[[リウィア|ユリア・アウグストゥスの娘 ===タ]]
初代ローマ皇帝[[:アウグストゥス]]と2番目の妻[[スクボニウィ]]の娘。娘のユリアと区別するための大ユリアとも。[[ユリア (・ドルシラがアウグストゥスの娘)]]を参照死後贈られた名前
=== ;[[リウィッラ|リウィア・ユリア ===]]
 
:[[大ドルスス]]と[[小アントニア]]の娘で[[ゲルマニクス]]、[[クラウディウス]]の姉妹。[[リウィッラ]]を参照
=== アグリッパの娘 ===
=== ;[[ユリア・ドムナ ===]]
[[マルクス・ウィプサニウス・アグリッパ]]とアウグストゥスの娘ユリアとの娘。母のユリアと区別するために小ユリアとも。[[ユリア (アグリッパの娘)]]を参照。
:[[ユリア・ドムナ]]を参照。
 
=== ユリア・アウグスタ ===
アウグストゥスの妻リウィア・ドルシラがアウグストゥスの死後贈られた名前。[[リウィア]]を参照。
 
=== リウィア・ユリア ===
[[大ドルスス]]と[[小アントニア]]の娘で[[ゲルマニクス]]、[[クラウディウス]]の姉妹。[[リウィッラ]]を参照。
 
=== ユリア・ドムナ ===
[[ユリア・ドムナ]]を参照。
 
<!-- あいまいさ回避ではありませんので{{Aimai}}は貼らないで下さい。 -->