「TNT換算」の版間の差分

編集の要約なし
{{単位|画像=[[Image:TNT detonation on Kahoolawe Island during Operation Sailoir Hat, sjot Bravo, 1965.jpg|180px|TNT火薬500トンの爆発]]|名称=TNT換算トン|記号=T, t|単位系=[[メートル法]](非[[国際単位系|SI]])|物理量=[[エネルギー]]|定義=10<sup>9</sup> [[カロリー|cal]]|SI=4.184×10<sup>9</sup> [[ジュール|J]]}}
'''TNT換算'''(ティーエヌティーかんさん)とは[[爆薬]]の爆発などで放出される[[エネルギー]]を[[質量]]に換算して定量化する方法である。
ニュースなどでも「A国の原爆Bは'''TNT換算'''で50キロトンの破壊力」などと表す使い方が一般的に見かける。
 
TNT換算で得られる質量を'''TNT当量'''という。TNT当量が1[[トン]](1メトリックトン = 1000[[キログラム]])であるエネルギーを、1'''TNT換算トン'''、1'''TNTトン'''、あるいは誤解の余地がないときは単に1'''トン'''といい、必要に応じて[[キロ]] (1000)、[[メガ]] (100万) の[[SI接頭辞]]をつけて使う。
1グラムの[[トリニトロトルエン|TNT]]は、爆発すると980から1100[[カロリー]]のエネルギーを放出する。
1000カロリー=4184[[ジュール]]と規定され、それが1グラムのTNTに相当するとして標準化されている。つまり「TNT換算1トンの爆弾」とはその爆弾が爆発時に4.184×10<sup>9</sup>ジュールのエネルギーを放出することを表す。
 
例えば、広島に落とされた[[ニュースなどでも「A国の弾]]([[リトルボーイ]])BTNT換算で約1550キロトンであの破壊力」などと表す使い方が一般的に見かける。これは
 
==定義==
:4.2×10<sup>9</sup>(J)×15×10<sup>3</sup>=6.3×10<sup>13</sup>(J)
[[トリニトロトルエン|TNT]]とは高性能爆薬の名称である。TNT1[[グラム]]は、理論上は1160[[カロリー]]の[[化学エネルギー]]を有するが、実際のTNT爆薬1グラムの爆発で放出されるエネルギーは980から1100カロリーである。
 
計算に便利なよう、1TNT換算グラムは1000カロリーと定義されている。つまり、1TNT換算トンなら10<sup>9</sup>(10億)カロリーである。
 
実用上は問題にならないが、厳密にはカロリーには微妙に異なる複数の定義がある。[[アメリカ国立標準技術研究所]] (NIST) では、1カロリー = 4.184[[ジュール]]と定義される熱力学カロリーに従い、1TNT換算トン = 4.184×10<sup>9</sup>ジュールとしている<ref>[http://physics.nist.gov/Pubs/SP811/appenB8.html#T NIST Guide to the SI: B.8 Factors for Units Listed Alphabetically]</ref>。
 
==例==
広島に落とされた[[原子爆弾]]([[リトルボーイ]])は、TNT換算で約15キロトンである。これは
 
:4.2×10<sup>9</sup>(J)×15×10 J×15×10<sup>3</sup> = 6.3×10<sup>13</sup>( J)
 
だと表現することができる。<!-- 単位はX(J/T)*Y(T)=Z(J)のように表記すべきか? -->
また、比喩的に「メガトン級」や「ギガトン級」などという言葉が使われる事もある。
 
なお、核爆弾以外の[[通常爆弾]]で、何トン爆弾という表現が使われることがあるが、これは爆弾の実際の質量であり、TNT換算と当量で関係ない。
 
{| class="wikitable"
! グラム単位表記
! 記号
! トン単位表記
! 記号
! エネルギー
|}
 
==出典==
<references/>
 
[[Category{{DEFAULTSORT:爆薬|TNTていえぬていかんさん]]}}
[[Category:火薬|TNTかんさんエネルギーの単位]]
[[Category:非SIのメートル法の単位]]
[[Category:爆薬]]
[[Category:火薬]]
[[Category:核爆弾]]
 
[[bg:Тротилов еквивалент]]
101

回編集