「スルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港」の版間の差分

編集の要約なし
{{Infobox 空港
|名前 =スルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港<br/>(スン空港)
|画像 =
|IATA =SZB
|ICAO =WMSA
|国 ={{MYS}}
|設置場所 =[[スランゴール州]][[スン]]
|タイプ =民間
|運営者 =マレーシア空港会社
}}
 
'''スルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港''' (''Sultan Abdul Aziz Shah Airport'') とは、[[マレーシア]]の[[スランゴール州]][[スン]]にある空港である。通称、'''スバン空港''' (''Supang Airport'')とも言われる。
 
==概要==
 
==沿革==
東南アジアで最長の滑走路を持つクアラ・ルンプール国際空港 (スン空港) は[[1965年]]8月30日に開港した。1990年代までに3つのターミナルを持つまでになり、ターミナル 1 は国際線、ターミナル 2 はシンガポールとのシャトル便、ターミナル 3は国内線と、それぞれ供用されていた。
 
[[1998年]][[6月30日]]に新たな[[クアラ・ルンプール国際空港]] (略称:'''KLIA''', 通称、'''セパン空港''') が[[スバン]]に開港し、クアラ・ルンプール国際空港の名を譲ることとなった。
2,207

回編集