メインメニューを開く

差分

m
+Img
{{Infobox 有機化合物
| name=アルギン酸
| 構造式=[[Image:Alginsäure.svg|250px|center]]
| IUPAC=
| 別名=E400
| 分子式=(C<sub>6</sub>H<sub>8</sub>O<sub>6</sub>)n
| 分子量=10000 - 600000
| 出典=
}}
'''アルギン酸'''(-アルギンさん)は、[[褐藻]]などに含まれる[[多糖類]]で、[[食物繊維]]の一種である。ほかに[[紅藻]]のサンゴモなどにも含まれる。また一部の[[細菌]]([[アゾトバクター]]
など)が部分的に[[酢酸]][[エステル]]化されたアルギン酸を生成するが、これによる工業的生産はまだ成功していない。
 
 
==構造==
&szlig;-D-マンヌロン酸 (M) とそのC-5エピマーであるα-L-グルロン酸 (G) の2種のブロック(いずれも[[カルボキシル基]]をもつ単糖)が (1-4)-結合した直線状の[[ポリマー]]である。各ブロックの量比は起源により異なる。MとGが交互につながったブロックが最も柔軟性があり、中性に近い [[水素イオン指数|pH]] で溶けやすい。Gからなるブロックは固く、6残基以上からなるGブロックは2価カチオン([[カルシウム|Ca<sup>2+</sup>]]など)と安定な複合体をつくって3次元[[ゲル]]を形成する。またアルギン酸は低い pH で酸性の繊維状ゲルを形成する。これらのゲルの中で、分子間の結合をつくるのは主にホモポリマーブロック(MまたはGの繰り返し構造)であり、ゲル強度を決めるのはGブロックの含有比率である。
 
==種類==
 
==利用==
日本ではアルギン酸が[[既存添加物]]とされ、アルギン酸[[プロピレングリコール]][[エステル]]とアルギン酸ナトリウムが[[食品添加物]]に指定されている(他のアルギン酸塩についても検討中)。国際的な整合性から2006年12月26日にアルギン酸カリウム・アルギン酸カルシウム・アルギン酸アンモニウムの3種類が食品添加物に指定されました。これらは食品工業で、スープ・飲料やゼリーなどの[[増粘安定剤]]、[[ゲル化剤]]として使われる。食物繊維としてダイエット食品にも使われる。また安定剤として[[化粧品]]にも用いられる。
 
医療では、アルギン酸塩が歯科材料として、アルギン酸の繊維状ゲルが手術糸に、またアルギン酸カルシウムゲルは創傷被覆材に用いられる。
16,764

回編集