「マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: lij:Mario Castelnuovo-Tedesco)
ハイフェッツが引退コンサートで最後に演奏したアンコール曲目は、カステルヌオーヴォ=テデスコの《海のさざめき》であった。
 
==== 映画音楽 ====
カステルヌオーヴォ=テデスコのスコアとしてよく知られているのは[[ルネ・クレール]]の『[[そして誰もいなくなった]]』''And Then There Were None'' (1945)、[[チャールズ・ヴィダー]]の『[[カルメン]]』''The Loves of Carmen'' (1948) などであるが、クレジットされている作品以外にも多数の映画音楽を作曲している(たとえば『[[名犬ラッシー]] 家路』''Lassie Come Home'' (1943) )。名前がクレジットされていない作品の多くは、時間的制約ほかさまざまな理由で他の作曲家に手を貸したり、低予算の映画に既存の楽曲を提供したりした物である。
 
*[http://www.imdb.com/name/nm0005997/ Mario Castelnuovo-Tedesco] ([[IMDb]]のフィルモグラフィー)
 
[[Category{{DEFAULTSORT:1895年生|かすてるぬおうおててすこ まりお]]}}
[[Category:イタリアの作曲家]]
[[Category:1968年没|かすてるぬおうおててすこ まりお]]
[[Category:イタリメリカ合衆国の作曲家|かすてるぬおうおててすこ まりお]]
[[Category:アメリカ合衆国近現代の作曲家|かすてるぬおうおててすこ まりお]]
[[Category:近現代映画音楽の作曲家|かすてるぬおうおててすこ まりお]]
[[Category:映画音楽ユダヤ人の作曲家|かすてるぬおうおててすこ まりお]]
[[Category:ユダヤ系イタリアの作曲家|かすてるぬおうおててすこ まりお]]
[[Category:1895年生]]
[[Category:ユダヤ系イタリア人|かすてるぬおうおててすこ まりお]]
[[Category:1968年没]]
 
{{People-stub}}
{{classic-stub}}
 
匿名利用者