「単集合」の版間の差分

m (+cat)
 
== 応用 ==
[[位相幾何学]]において、全ての単集合が閉集合であることと、その空間が[[分離公理|T1空間]]であることは同値である。
 
単集合で構築される構造は、様々な[[圏 (数学)|圏]]における[[終対象]]または[[零対象]]となる。
匿名利用者