「アースクェイク (サムライスピリッツ)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
== キャラクター設定 ==
盗賊団を率いている巨漢の男。『サムスピ』シリーズで最も体重の重い登場人物だが、身長は[[タムタム (サムライスピリッツ)|タムタム]]の方が1cm高い。タムタム以外にも、[[妖怪腐れ外道]]や巖陀羅など、アースクェイクより背の高い登場キャラクターがいる。出生時からひときわ重い体であり、19歳の時の失恋が原因で、さらに異様に太ってしまった
 
幼少時は普通の体重だったが、19歳の時の失恋が原因で異様に太ってしまった。
 
盗みの技術に応用するために出羽の甲賀の抜け忍である綾女のもとでガルフォードと共に甲賀流の[[忍術]]を学んでいたが、入門から半年ほどして「忍者の技術は全て頂いた」という発言をして出羽を去った。なお、[[ガルフォード]]はアースクェイクより先に綾女に師事しているので、ガルフォードが兄弟子となる。しかし、出羽を去った後にガルフォードと再会したときには、アースクェイクは彼のことをすっかり忘れていた。
『サムライスピリッツ』では3人の子分(細野トン吉、高橋チン平、坂本カン太:名前の由来は[[YMO]])を連れている。『真サムライスピリッツ』(以下『真』)では2人(コン八、キン三)も増えて、総勢5人になった。
 
[[メガドライブ]]版『サムライスピリッツ』では、容量の関係(巨大すぎるゆえに容量を食っていたことが窺える)で登場できなかった。
==ゲーム上の特徴==
武器は[[鎖鎌]]。見かけによらず、忍者だけあってスピードも速く、しかも身軽で、多くのプレイヤーを苦しめたキャラクターでもある。初代『サムライスピリッツ』でのみ「通常投げで投げることができない」という特性が持たされていた。
 
『[[SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS]]』(以下『SVC CHAOS』)にも登場し、こちらでは原作ゲームとは鎌と分銅側の鎖を持つ手が逆となっていて、必殺技の仕様も『サムスピ』シリーズとは異なっている。また、同作に客演登場する[[アンドレ (ファイナルファイト)|ヒューゴー]]に対しては巨体だからという理由で親近感を抱いている。
弱点は、巨体ゆえに食らい判定が大きいこと、接近戦が苦手、攻撃力がそれほど高くない点である。また、技の性能にもあまり恵まれているとはいえない。放屁で相手を攻撃をしたり、ズボンの中から肉を取り出すなど、型破りで下品な行動が目立つ。
 
同じ巨体のキャラクターという共通点からか、『天下一剣客伝』でアースクェイクを選ぶと4回戦に[[妖怪腐れ外道]]が登場する。逆に腐れ外道でプレイしている場合、アースクェイクが相手になると“流石の俺も言葉が出ない”と呆れられる。
『真サムライスピリッツ』では、CPUはアースクェイクのしゃがみ強斬りに対し1段目はガードしても、何故か2段目、3段目はガードを解いて喰らってくれる事が多かったため、ファットコピーで相手の反対側に出現するように分身し、そこからレバーニュートラルで強斬りを出すとしゃがみ強斬りが出るため、CPUに「しゃがんでる」と認識されず飛び込まれることが無いため面白いようにヒットさせることが出来た。高難易度の同作のCPU戦を楽に勝ち進むことが出来る貴重なキャラで、ラスボスの[[羅将神ミヅキ]]ですらしゃがみ強斬りだけで勝つことが出来た。
 
=== 『武士道烈伝』でのアースクェイク ===
『[[SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS]]』(以下『SVC CHAOS』)にも登場し、こちらでは原作ゲームとは鎌と分銅側の鎖を持つ手が逆となっていて、必殺技の仕様も『サムスピ』シリーズとは異なっている。また、同作に客演登場する[[アンドレ (ファイナルファイト)|ヒューゴー]]に対しては巨体だからという理由で親近感を抱いている。
RPG『真説サムライスピリッツ 武士道烈伝』の「邪天降臨之章」ではガルフォードを主人公に選ぶと、アースクェイクとガルフォードが一緒に修行しているシーンからストーリーが始まる。この他にも、ガルフォードが主人公の場合、ガルフォードとアースクェイクが絡むイベントが発生する。『武士道烈伝』)ではアースクェイクとガルフォードは共に修行を続けており、「邪天降臨之章」でガルフォードを主人公に選んだ場合、アースクェイクの悪事をガルフォードが単身阻止するイベントや、(条件次第で)アースクェイクがガルフォードを助太刀するイベントが発生する。「妖花慟哭之章」では、ガルフォードを主人公に選んでゲームを進めた場合、パリでコルデ家の家宝を盗んだアースクェイクに対して「やはり貴様だったのか」とガルフォードが詰め寄ると、アースクェイクは「てめえお前んざ知らねえよない」と返す。
 
==ゲーム上の特徴==
[[メガドライブ]]版『サムライスピリッツ』では、容量の関係(巨大すぎるゆえに容量を食っていたことが窺える)で登場しなかった。
武器は[[鎖鎌]]。見かけによらず、忍者だけあってスピードも速く、しかも身軽で、多くのプレイヤーを苦しめたキャラクターでもある。初代『サムライスピリッツ』でのみ「通常投げで投げることができない」という特性が持たされていた。
 
同じ巨体のキャラクターという共通点からか、『天下一剣客伝』でアースクェイクを選ぶと4回戦に[[妖怪腐れ外道]]が登場する。逆に腐れ外道でプレイしている場合、アースクェイクが相手になると“流石の俺も言葉が出ない”と呆れられる。
 
弱点は、巨体ゆえに食らい判定が大きいこと、接近戦が苦手、攻撃力がそれほど高くない点である。また、全体的に技の性能にもあまり恵まれて隙が大きるとはいえない。ほか、放屁相手に浴びせて攻撃をしたり、ズボンの中から肉を取り出すなど、型破りで下品な行動が目立つ。
RPG『真説サムライスピリッツ 武士道烈伝』の「邪天降臨之章」ではガルフォードを主人公に選ぶと、アースクェイクとガルフォードが一緒に修行しているシーンからストーリーが始まる。この他にも、ガルフォードが主人公の場合、ガルフォードとアースクェイクが絡むイベントが発生する。『武士道烈伝』)ではアースクェイクとガルフォードは共に修行を続けており、「邪天降臨之章」でガルフォードを主人公に選んだ場合、アースクェイクの悪事をガルフォードが単身阻止するイベントや、(条件次第で)アースクェイクがガルフォードを助太刀するイベントが発生する。「妖花慟哭之章」では、ガルフォードを主人公に選んでゲームを進めた場合、パリでコルデ家の家宝を盗んだアースクェイクに対して「やはり貴様だったのか」とガルフォードが詰め寄ると、アースクェイクは「てめえなんざ知らねえよ」と返す。
 
== 技の解説 ==