「ピカレスク小説」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: ru:Плутовской роман)
現在でもピカレスクは世界各国で盛んに愛読されており、日本国内でも新作が発表され続けている。
 
日本においても同様で、やはり上述してきた様な性格付けを受けた人物を主人公や重要人物として物語が展開される。この様な人物が、[[暴力]]・[[犯罪]]の現場や経済市場などにおいて、時に激しく時に華麗に、一般的に悪と言われる行為を行ってゆき、一度は成功を収めるものの、結末において零落・破滅するのが和製ピカレスクの基本フォーマットとなっている<ref>一部のエピソードにおける[[こちら葛飾区亀有公園前派出所|こち亀]]の[[両津勘吉]]はこの類型と言え。</ref>。また、欧米の作品と比較すると、宗教的背景や社会・文化的背景、生活感は比較的希薄である一方、[[ハードボイルド]]、[[ニヒリズム]]、[[ダンディズム]]と密接に結びついている場合が多い事も、特徴として言える要素である。
 
他方、主人公の[[悪漢]]が巨悪や猛悪に立ち向かうという構図で描かれる物語の場合、主人公が行う悪の行為は、結局は「[[正義]]のイメージ<ref>この『正義』はあくまで社会的、[[実定法]]的な正義とは一致しない。</ref>」のみを持ち、結末に至っても主人公が生き残るというパターンが、かなりの割合で存在するのも和製ピカレスクの大きな特徴と言える<ref>このパターンの最典型はアニメ版の『[[ルパン三世]]』である。この作品では主人公一味が[[窃盗]]行為を華麗に実行しようとして、その結果として、時に一国や地球的な規模の巨悪までをも粉砕する展開が、ストーリー定型の一つになっている。</ref>。
172

回編集