メインメニューを開く

差分

{{出典の明記}}
'''総集編'''(そうしゅうへん)は、[[写真集]]、[[ドラマ]]、[[アニメ]]などの作品から特に主要なもののみを抜き出して編集したものである。「傑作選」などと呼ばれる場合もある。
 
== 概要 ==
*総集編が製作される理由としてはさまざまなものがあるが、最大の理由としてはこれまでの内容のまとめとしての役割がある。比較的長期間放送されている番組、特にドラマやアニメなどストーリーの比重の高い作品においてはストーリーが長大かつ複雑になる場合、視聴者や購読者など情報の受け手側が内容を把握しきれなくなることがある。このため情報の送り手側にとっては新たな情報の受け手にも内容を把握しやすくするという興行的意図が出てくることが、一方受け手側にとってもこれまでの流れを知りたいという要望が高まることがある。こうした状況を解決する手段の1つとして総集編が製作されることがある。内容は主にこれまでの主要人物が登場したり改めて設定を掘り下げて解説するようなものや、特定のキャラクターに的を絞って再構成したものとなっている。
 
*またテレビ番組やラジオ番組など活字媒体以外の作品が書籍などにソフト化される際には必然的に情報の取捨選択が行われるため、「総集編」との名称で出版されることもある。
 
== テレビ番組の場合 ==
かつて比較的長期にわたって放送される[[テレビ番組]]においては放送期間の中盤や終盤に差し掛かると総集編が放送されることがある。しかし、最近では続きまたシリーズの企や映は一回でも見逃し化され作品の場合、新シリーズ途中から見た場合は内容がわかりづらい事や、視聴率低迷など映画版の放送・公開直前よる[[テコ入れ]]で番組前シリーズの内容をリニューアルする事例も多い事から現在ではまとめた総集編を行う番組は少なくなってきていどが放送されることもある。
理由としては以下のような事例が主である。
 
*テレビ番組の場合、総集編が製作される理由としては内容のまとめ以外にも製作工程上の都合もある。ドラマやアニメ、バラエティの製作現場においてはスケジュールが逼迫することが多く、これを緩和するために通常の回に比べ製作に関わる手間や費用を少なくできる総集編が放送されることがある<ref>漫画『[[かってに改蔵]]』単行本7巻では「アニメの13話あたりでやる」とネタにさ取り上げられている<!--単行本7巻より--></ref>。例えばアニメ『[[銀魂 (アニメ)|銀魂]]』では、引き伸ばしや製作費用の都合などの理由という触れ込みで総集編を放送した。あるいはあらかじめスケジュールに余裕を持たせたい場合にも総集編が放送されることがある。特にお盆期間や年末年始、番組改編期などには製作スタッフが一斉に休暇を取るなどの目的のため総集編が放送されることがある
=== 宣伝のため ===
*シリーズ物や映画化された作品の場合、新シリーズや映画版の放送・公開直前に前シリーズの内容をまとめた総集編などが放送されることがある。基本的に昼の[[ローカルセールス]]枠で放送されることが多いが、最近では[[スカイパーフェクTV]]で映画の宣伝として繰り返し放送されることも多い。
*最近では連続ドラマを途中からでも視聴者に見やすくするために[[再放送]]や[[ワイドショー]]で直前に放送された回の総集編を放送することもある。例として『[[THE・サンデー]]』で放送されていた「3分でわかる『[[ごくせん (テレビドラマ)|ごくせん]]』」などがある。
 
それ以外に番組製作に支障が生じた場合に総集編が放送されることもある。例として『[[ダウンタウンのごっつええ感じ]]』のスタッフとの対立による収録ボイコットや、『[[トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜]]』での素材の枯渇などがある。また[[スポーツ中継]]が中止になった場合の[[雨傘番組]]、『[[発掘!あるある大事典|発掘!あるある大事典II]]』の[[打ち切り]]直後の『[[ジャンクSPORTS]]』の拡大版など前後の放送枠の穴埋めとしての[[つなぎ番組]]として放送する場合もある。類似した理由として『[[行列の出来る法律相談所]]』では毎年8月末の放送で、その前に放送される『[[24時間テレビ]]』の「24時間マラソン」が放送時間内に収まりきらなかった場合に生放送で補うため総集編を放送している。それ以外に[[裏番組]]に高視聴率が期待される特番やスポーツ中継が放送される場合、始めから視聴率獲得が期待されないとして総集編を放送することもある。また[[再放送]]の場合に権利関係の手続きを少なくするためや、現在の実情にそぐわない場面が多いために総集編と放送されることもある。
=== スケジュールの都合 ===
*ドラマやアニメ、バラエティの製作現場においてはスケジュールが逼迫することが多く、これを緩和するために通常の回に比べ製作に関わる手間や費用を少なくできる総集編が放送されることがある<ref>漫画『[[かってに改蔵]]』単行本7巻では「アニメの13話あたりでやる」とネタにされている<!--単行本7巻より--></ref>。例えばアニメ『[[銀魂 (アニメ)|銀魂]]』では、引き伸ばしや製作費用の都合などの理由という触れ込みで総集編を放送した。
**あるいはあらかじめスケジュールに余裕を持たせたい場合、特にお盆期間や年末年始、番組改編期などには製作スタッフが一斉に休暇を取るなどの目的のため総集編が放送されることがある。
 
総集編が放送されるのはレギュラー枠(通常の放送時間)の場合と、他番組内や[[ローカルセールス枠]]などレギュラー枠以外の場合がある。後者の例としては『[[THE・サンデー]]』で放送されていた「3分でわかる『[[ごくせん (テレビドラマ)|ごくせん]]』」などがある。レギュラー枠内での放送の場合は製作工程上の理由が、レギュラー枠外での放送の場合はこれまでの総括としての理由が大きくなる。
=== 製作に支障をきたした場合 ===
*出演者の負傷やスケジュールの都合、製作体制での問題点の改善が理由となる場合もある。例として『[[ダウンタウンのごっつええ感じ]]』のスタッフとの対立による収録ボイコットや、『[[トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜]]』での素材の枯渇などがある。
*また[[スポーツ中継]]が中止になった場合の[[雨傘番組]]、『[[発掘!あるある大事典|発掘!あるある大事典II]]』の[[打ち切り]]直後の『[[ジャンクSPORTS]]』の拡大版など前後の放送枠の穴埋めとしての[[つなぎ番組]]として放送する場合もある。
**類似した理由として『[[行列のできる法律相談所]]』では毎年8月末の放送で、その前に放送される『[[24時間テレビ]]』の「24時間マラソン」が放送時間内に収まりきらなかった場合に生放送で補うため総集編を放送している。
 
また21世紀初頭現在では、単にそれまでの放送内容を編集しただけの総集編では番組開始当初からの視聴者にとって魅力に乏しくなるため、新カットや新エピソードを追加した言わば「総集編的内容」のものが作られる傾向にある。
=== その他 ===
*[[裏番組]]に高視聴率が期待される特番やスポーツ中継が放送される場合、始めから視聴率獲得が期待されないとして総集編を放送することもある。
*また[[再放送]]の場合に権利関係の手続きを少なくするためや、現在の実情にそぐわない場面が多いために総集編と放送されることもある。
 
<!--== ゲームソフトの場合 ==
*[[ゲーム機|ハード]]の新機種発売により旧機種と主要ハードを転換した場合、旧機種を持っていないユーザーにも旧機種での人気作を遊んでもらう為や、旧機種でのオリジナル版を所持していたユーザーでもすでにオリジナル版や旧機種を手放している場合や年月の経過によりプレイ不可能となっている場合<ref>特に[[ロムカセット|カートリッジ]]式のソフトの場合は内蔵電池の消耗によりデータの保存が不可能となる場合があり、あえて電池を有償で交換する例もほとんどない。</ref>、知名度や新機種での性能アップ・新要素追加をセールスポイントに新たに購入して貰える事から[[リメイク]]版として2作以上の旧機種での人気作を1本のソフトとして新たに発売する事がある。主な例として『[[スーパーマリオコレクション]]』や『[[ドラゴンクエストI・II]]』、『[[ファイナルファンタジーコレクション]]』等がある。
*最近ではパソコンの[[アダルトゲーム]]及び、それの全年齢対象となった[[コンシューマ]]でのリメイク版による[[恋愛シミュレーション]]でも「ファンディスク」や「[[コラボレーション]]」などの名目で数本の過去作品をまとめた総集編が発売される事があるが、『[[C.D.Christmas Days 〜サーカスディスク クリスマスデイズ〜]]』では収録作の一つ『[[D.C. 〜ダ・カーポ〜]]』のメインヒロイン<!--パッケージでは音夢一人が描かれていた->である[[朝倉音夢]]の攻略シナリオがカットされるなど、一部の内容しか収録されておらずユーザーから批判の声があがった例もある。
-->
== 書籍の場合 ==
*小説や漫画作品の場合、過去の人気作や有名作家の作品数作を単行本や文庫版などとは別に傑作選として刊行される場合がある。この場合、選出するのは基本的に作者か編集サイドであるが、<!--作者の希望により他の著名作家が収録作を選出した『[[フジ三太郎]]』や、-->読者投票で選ばれた作品を収録した『[[こちら葛飾区亀有公園前派出所]]特別注文』などの特殊な事例もある。
 
<!--*数名の作家による作品をまとめて収録した例もある。[[2002年]]に[[週刊少年マガジン]]が当時の連載作品8作から、作者が選んだ一話をまとめて収録した「ちびマガ」と言う書籍が刊行([[通信販売]]限定だった)された事がある他、近年では期間限定の雑誌として創刊された『[[巨人の星]]』と『[[あしたのジョー]]』の傑作選「ジョー&飛雄馬」や『[[金田一少年の事件簿]]』と『[[名探偵コナン]]』の傑作選「名探偵コナン&金田一少年の事件簿マガジン」<ref>両作品は出版社が異なりどちらも継続中である為、出版は[[小学館]]と[[講談社]]が一号ごと交互に担当</ref>などもある。-->
*芸能人の写真集の場合、過去に発売された数冊の写真集から一部のページを選出して新たに発売される場合がある。
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
<references />
 
{{DEFAULTSORT:そうしゆうへん}}
8,637

回編集