「アニパロコミックス」の版間の差分

 
;※アニメ制作プロダクションの姿勢について
1980年代後半以降、『[[聖闘士星矢]]』とその成功を受けて製作された『[[鎧伝サムライトルーパー]]』などに代表される、いわゆる「美少年アニメ」が若い女性の間で大ブームとなった。これを受けて、「美少年アニメ」作品などを題材にした二次創作の[[同人誌]]が大量に制作され、最大の同人誌即売会「[[コミックマーケット]]」でも一ジャンルとしても成立する程の規模になった。また、[[ラポート]]などの出版社がこれらをまとめた同人[[アンソロジー]]本を制作、相当数が商業出版ベースで販売される状況が見られた。出版社や同人誌の作者たちは、これらについてはアニパロコミックスと同様、あくまでパロディとして独立した作品であるという立場を取り、「元ネタ」とした作品の関係者からのライセンス許諾などは得ずに販売されていた。
この当時、大ブームとなっていた美少年アニメ作品に関する[[同人誌]]や同人[[アンソロジー]]本の内容面の問題に端を発して、[[サンライズ (アニメ制作会社)|サンライズ]]など複数のアニメ制作プロダクションが、パロディの商業作品を含む著作物の2次創作に対する姿勢について大幅な変更を行い、キャラクターの2次使用の制限などについても明文化を行った。
 
これにより、この時期以降、アニパロコミックスの様なノーライセンスのパロディ作品を利用した商業出版活動や、同じくノーライセンスでの同人アンソロジー集の商業ベースでの制作が、急激に困難になっていった。
しかし、そ当時内実を見るとこれらブームとなっていた美少年アニメ量の作品に関する群の大半は、[[同人誌性愛#ゲイ|男性同性愛]]や同人の描写が含まれる「[[アンソロジーやおい]]同人誌」であり、来は少年層を対象としたアニメ作品内容二次創作である事を鑑みればなおさらに、各方から少なからず問題に端を発して視される内容のものであった。この事から、この時期、[[サンライズ (アニメ制作会社)|サンライズ]]など複数のアニメ制作プロダクションが、パロディの商業作品を含む著作物の2次創作に対する姿勢について大幅な変更を行い、キャラクターの2次使用の制限などについても明文化を進めていった。
 
の様な著作権者側の動きにより、この時期以降1990年代に入ると、アニパロコミックスの様なノーライセンスのパロディ作品を利用した商業出版活動や、同じくノーライセンスでの同人アンソロジー集の商業ベースでの制作が、急激に困難になっていった。
 
==関連項目==
匿名利用者