「ピクセル」の版間の差分

ce
m (ロボットによる 追加: sh:Piksel)
(ce)
 
[[Image:Pixel-example.png|thumb|300px|ピクセルの拡大図]]
コンピュータでは連続的な値は扱えないので、[[画像]]なども[[量子化]]して扱う必要がある。その際、分割して出来たその一点を、[[日本語]]、[[日本工業規格|JIS]]では画素、[[英語]]ではピクセルと呼ぶ。例えば、640×480ピクセルと表記されている場合は、その画像には横640個、縦480個の点が並んで表現されていることを示している。表示装置([[ディスプレイ (コンピュータ)|ディスプレイ]])などの機器([[デバイス]])も、一般的な[[ラスタースキャン|ラスタ]]ディスプレイでは、ピクセルを単位として画像を表示している。画像を[[次元|2次元]]平面として扱う都合上、普通ピクセルは[[四角形|正方形]]をしている。これは、ピクセルの縦横比が1:1でない場合、<!--例えば、[[楕円]]でなく、[[円 (数学)|円]]を表示するためには、-->その補正のための余分な演算が必要となるからである。
 
==アスペクト比==
画像を[[次元|2次元]]平面として扱う都合上、コンピュータディスプレイではピクセルは[[四角形|正方形]]をしている。補正のための余分な演算が必要ないからである。
 
テレビでの規格([[DVD]]ビデオの[[NTSC]]規格など)のように、ピクセルの縦横比が1:1でない場合もある。([[画面アスペクト比#DVD-Videoの画面サイズ]]を参照)<ref>テレビでは[[走査線]]数が決まっているため、高画質にするために水平解像度を増やすためである</ref>。この場合は表示時に常に補正を行っている。
 
==色==
カラー画像において、一つのピクセルは、[[赤]]、[[緑]]、[[青]]の[[三原色]]の[[輝度]]から成り立っている。それらにどれだけの情報量を与えるかによって、そのピクセルが表現できる色数が決まる。1ピクセルに1[[ビット]]の情報しか割り当てなければ、2色しか表現できない。それぞれの原色のチャンネルに各8ビット(256階調)、計24ビットの情報を割り当てれば、<math>{(2^8)}^3 = 16,777,216</math> 色が再現できる。1ピクセルあたり32ビットを割り当てる場合 色の表現に24ビットを使用し、残りの8ビットを[[アルファチャンネル]]として、たとえばピクセル毎の透明度を記述するために使用する。
 
コンピュータディスプレイなどの表示デバイスで、1ピクセルを
ディスプレイなどのデバイスで、1ピクセルを16ビット(各原色5ビット = 32階調、余った1ビットは、人間の目が敏感に感知する緑に割り当てられることが多い)で表現するのはハイカラー ([[:en:Highcolor|Highcolor]])、24ビットで表現するのはトゥルーカラー ([[:en:Truecolor|Truecolor]]) と呼ばれる。ディスプレイなどにおいてアルファチャンネルは意味をなさないが、メモリアドレスの扱いが24ビットに比べて簡単になることから、各ピクセルに32ビットを割り当てトゥルーカラーとしている場合もある。商業印刷用途などでは48ビット(16ビット = 65,536階調 / チャンネル)も用いられる。
16ビット(各原色5ビット = 32階調、余った1ビットは、人間の目が敏感に感知する緑に割り当てられることが多い)で表現するのは'''ハイカラー''' ([[:en:Highcolor|Highcolor]])、
24ビット(各原色8ビット = 256諧調)で表現するのは'''トゥルーカラー''' ([[:en:Truecolor|Truecolor]]) と呼ばれる。
ディスプレイなどのデバイスで、1ピクセルを16ビット(各原色5ビット = 32階調、余った1ビットは、人間の目が敏感感知する緑に割り当おいられることが多い)で表現するのはハイカラー ([[:en:Highcolor|Highcolor]])、24ビットで表現するのはトゥルーカラー ([[:en:Truecolor|Truecolor]]) と呼ばれる。ディスプレイなどにおいてアルファチャンネル]]は意味をなさないが、メモリアドレスの扱いが24ビットに比べてデータの取り扱いが簡単になることから、各ピクセルに32ビットを割り当てトゥルーカラーとしている場合もある。商業印刷用途などでは48ビット(16(各原色16ビット = 65,536階調 / チャンネル)も用いられる。
 
== アンチエイリアス (Anti-alias) ==
{{main|アンチエイリアス}}
コンピュータで扱う画像ではピクセル単位より細かく描画することはできない。このため、物体の輪郭に[[ジャギー]]と呼ばれるギザギザが発生してしまう。このジャギーを軽減するために、物体の輪郭を背景と融合するように、色を滑らかに変化させることを[[アンチエイリアス]]といい、その処理をアンチエイリアシングという。アンチエイリアスをかけると輪郭がぼやけてしまうため、ビットマップ[[フォント]]などではアンチエイリアス処理(アンチエイリアシング)は行われないことが多い。アンチエイリアス処理に前述の[[アルファチャンネル]]が利用されることもある
 
== 関連項目 ==
* [[画像編集]]
* 『PIXEL』([[図形処理情報センター]]が発行していた月刊雑誌)
 
==脚注==
{{reflist}}
 
[[Category:画像処理|ひくせる]]
匿名利用者