「リージョンコード」の版間の差分

[[ゲーム機]]においてもDVD-Videoのように地域別再生制限がかけられているものがある。ただしリージョンの区分はDVDと共通ではない。また、少なくとも日本においては、一般的な店舗に輸入ソフトが並ぶことはまず無いため、普通のユーザーがリージョンを意識する機会はほとんど無い。
 
[[ロムカセット]]が主流だった時代には発売地域ごとに形状を変えて(例えば[[任天堂]]の[[スーパーファミコン]]と[[SNES]])本体への挿入を物理的に不可能とすることで他地域で発売されたソフトのプレイを制限する例が多かったが、光ディスクが採用されてからはソフトウェア側でリージョンを設定することが一般的となった。例えば[[プレイステーション]]・[[プレイステーション2]]・[[ニンテンドーゲームキューブ]]・[[Wii]]・[[Xbox]]・[[Xbox360]]などはソフトウェアとハードウェアにリージョンが設定されている。ソフトのリージョンとゲーム機本体のリージョンが一致しないと起動することができないが、DVDプレイヤーの例と同様に制限を無効化する手段が非公式に用いられている。
 
一方でリージョンが設定されていない(あるいは設定自体はあっても制限されない)ゲームソフトやゲームハードも存在する。[[ゲームボーイ]]・[[ゲームボーイアドバンス]]・[[ニンテンドーDS]]・[[プレイステーションポータブル]]・[[プレイステーション3]]は、日本版のゲーム機であっても、例えばアメリカで発売されているほとんど全てのゲームソフトをプレイすることができる。(しかしその逆の、日本版のソフトと他地域のハードの組み合わせでは起動できない場合もある。)<!--DSは言語表示の問題で中国版が他国版の上位互換だったか?-->
匿名利用者