「ジェイムズ・エルロイ」の版間の差分

編集の要約なし
 
1987年、実際にあったエリザベス・ショート事件を題材にした『ブラック・ダリア』で注目を浴びる。同作は[[ブライアン・デ・パルマ]]監督が2006年に映画化。『ブラック・ダリア』を皮切りとした「暗黒のLA」4部作(『ブラック・ダリア』、『ビッグ・ノーウェア』、『LAコンフィデンシャル』、『ホワイト・ジャズ』)を発表。
LA[[L.A.コンフィデンシャル|LAコンフンシャル]]』はカーティス・ハンソンの手によって映画化され,『タイタニック』にアカデミー賞の票を奪われるも犯罪映画の佳作として評価された。
 
第4部に当たる『ホワイト・ジャズ』は、過激な暴力描写と複雑緻密を極める多数の事件で展開。同作品は暗黒小説の金字塔とも評され、[[ジョー・カーナハン]]監督によって映画化企画が進められている。
 
匿名利用者