「松平家忠 (東条松平家)」の版間の差分

編集の要約なし
(松平家忠2008年11月15日 (土) 00:27(UTC)の版より分割作成)
 
編集の要約なし
#'''松平 家忠'''(まつだいら いえただ、? - [[天正]]9年[[11月1日 (旧暦)|11月1日]]([[1581年]][[11月26日]]))は、[[戦国時代 (日本)]]、[[安土桃山時代]]の人物。[[東条松平家]]第3代当主。幼名は'''亀千代'''。通称は'''甚太郎'''。[[松平忠茂]]の子。系譜上では[[松平忠吉]]([[徳川家康]]4男)の養父。別名、家次。1.の家忠の妹婿。[[天正深溝松平家]]9年[[11月1日 (旧暦)|11月1日松平家忠]]の妹婿。[[1581年三河国]][[11月26日東条城]])没
 
松平家康([[徳川家康]])に仕えたが、まだ幼かったため、家臣の松井忠次([[松平康親]])の補佐を受けて活動した。東条[[吉良氏]]との戦いでは忠次と共に功績をあげ、東条城を領した。その後も[[姉川の戦い]]や[[長篠の戦い]]など、各地の戦いに参加したが、病弱であり、1581年に没した。後に家康は子の忠吉に名跡を継がせている。
 
{{people-substub}}
 
[[Category:松平氏|東いえたた]]
[[Category:戦国武将|まつたいらいえたた]]
[[Category:1581年没|まつたいらいえたた]]
1,295

回編集