「バイエルン級戦艦」の版間の差分

編集の要約なし
|前級||[[ケーニヒ級戦艦]]
|-
|次級||-[[ビスマルク級戦艦]]
|-
! colspan="2" style="color: white; height: 30px; background: navy;"| 性能諸元
|-
| style="white-space:nowrap;" |[[排水量]]||常備排水量 28,600 トン<br />(ザクセン 28,800トン)<br />満載排水量 32,200 トン
|-
|全長||180.0 m<br />179.4 m(水線長)
|全幅||30.0 m
|-
|吃水||9.3935 m
|-
|機関||海軍式石炭・重油混焼水管缶+パーソンズ式ギアード・タービン3基3軸推進、14缶、55,967<br shp/>(ザクセン パーソンズ式ギアード・タービン2基&ディーゼル機関1基計3軸推進)
|-
|最大力||22.035,000 [[ノット馬力|hp]]<br />(40.7ザクセン km/h40,000hp)
|-
|最大速力||22.0[[ノット]] (40.7 km/h)<br />(ザクセン 20ノット)
|-
|航続距離||5,000[[海里]] / 12ノット時 (22 km/h)
|-
|燃料||900 トン~3,400 トン(石炭)<br />200 トン~620 トン(重油)
|乗員||1,187名 - 1,271名
|-
|乗員||1,187 名~1,271 名<br />(旗艦時:司令部要員100名追加)
|-
|兵装||38cm SK L/45 38cm(45口径)砲連装4基<br />15cm SK L/45 15cm(45口径)砲単装16基<br />8.8cm SK L/45 8.8cm(45口径)砲単装8~10基<br />24インチ(60cm)[[魚雷発射管|水中魚雷発射管]]単装5門
|-
|装甲||舷側:170mm~350mm(主要装甲部)<br />100mm(艦首尾部)<br />甲板:30mm~100mm(主要装甲部)<br />30mm(装甲甲板)<br />砲塔:350mm(前盾)<br />250mm(側盾)<br />200mm(天蓋)<br />副砲ケースメイト:170mm<br />バーベット:350mm<br />弾薬庫:250mm(最大)<br />司令塔:400mm(側面)<br />200mm(天蓋)<br />170mm(後盾)
|装甲||装甲帯 120mm - 350mm<br />司令塔 400mm<br />甲板 30mm<br />砲塔 100mm - 350mm
|}
'''バイエルン級戦艦''' ('''Bayern - Klasse''') は、[[ドイツ海軍]]の最初の[[超弩級戦艦]]。本艦は[[第一次世界大戦]]参加し[[帝政ドイツ]]の艦隊法で整備された最後の艦級で1913年度2隻、1914年度2隻で計4隻の建造が承認された艦であった。
 
==設計==
本級の排水量は遂に3万トンを超える32,000トンにおよび、主砲は既存の30.5cm砲から一挙に38cm(15インチ)砲が採用された。これ確実な動作を約束する連装砲塔に収め、前後に2基を背負い式配置で計4基を装備、副砲は最上甲板下の舷側部分にケースメイト配置で左右8門ずつ装着された。本級はの火力は同時期に開発中であった[[イギリス海軍]]の15インチ砲装備の戦艦、もしくは[[フランス海軍]]の34cm砲10門戦艦に投射弾量で匹敵した。しかしながら本級の主砲は軽量の砲弾を使用したため、射程は大きいもののその射程が伸びるにつれ威力で英仏に劣るものであった。また、戦時中の[[ドイツ]]は上質の重油の安定した供給を得ることができず、本級は石炭を主に使用する混焼缶を使用したため艦隊速力の低速に苦しめられた。
 
バーデンは1912年末、残る艦は1913年に起工した。ザクセンとヴュルテンベルクは進水したものの第一次世界大戦の終了までに完成せず、1920年から21年に建造所で解体された。
5,996

回編集