「鳥海山大物忌神社」の版間の差分

延喜式主税料の記述追加
m
(延喜式主税料の記述追加)
 
===出羽国一宮===
[[延長 (元号)|延長]]5年([[927年]])には[[延喜式神名帳]]により式内社、[[名神大社|名神大]]とされた。また、同式の『主税式』においても祭祀料2,000束を国家から受けている。『延喜主税式』によれば、
当時国家から祭祀料を受けていたのは[[陸奥国]][[鹽竈神社]]、[[伊豆国]][[三嶋大社|三島社]]、[[淡路国]]大和大国魂社の4社しかないことから、大物忌神社が国家から特別の扱いを受けていたことが伺える。
 
[[出羽国]][[一宮]]であるがとされ文献上で出羽国一宮の記述が最初に確認できるのは[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]の[[正平 (日本)|正平]]13年([[北朝 (日本)|北朝]]の元号では[[延文]]3年、[[1358年]])、[[南朝 (日本)|南朝]]の[[陸奥守]]兼[[鎮守府将軍]]である[[北畠顕信]]が南朝復興と出羽国静謐を祈願した寄進書<ref>吹浦口之宮 所蔵 ([[重要文化財|国重要文化財]])</ref>に出羽国一宮の記述が見える。これが文献上における一宮名号の所見であるとされる。
 
===一宮争い===
663

回編集