「北尾トロ」の版間の差分

編集の要約なし
'''北尾トロ'''(きたお とろ、[[1958年]] - )は、[[フリーライター]]、ネット書店店主(杉並北尾堂)。[[福岡県]][[福岡市]]生まれ。父親の転機に伴い、少年時代は九州各地を転々としたのち、高校時代は一時兵庫県で過ごし、東京に転居。[[東京都立日野高等学校]]卒。[[法政大学]]社会学部卒。[[フリーター]]、[[編集プロダクション]]のアルバイトなど経て、フリーライター。30代の初めライターの[[下関マグロ]]らと天気商会という会社、バンドを数年やっていたことがある。下関マグロとは数冊、共著もある。30歳頃から、現在のペンネームで『[[別冊宝島]]』、『裏モノの本』などに執筆活動を開始。1999年からインターネットを利用したオンラインの古書店「杉並北尾堂」を始める。ライターとしては、ゲイ、裏稼業、裁判傍聴ものなどサブカルチャーや一風変わった人生、生き方などを紹介するものが多い。40代になってからは、「本の町」を日本にもと考え、2008年には[[長野県]][[高遠町]]で、『本の家』を開店させた。
個人事務所(株)ランブリン代表。NPO法人西荻コム理事長。西荻ブックマークスタッフ。
 
匿名利用者