「ブリオッシュ」の版間の差分

東方の三博士
(東方の三博士)
[[Image:Jean-Baptiste Siméon Chardin 028.jpg|thumb|『ブリオッシュのある静物』、[[ジャン・シメオン・シャルダン|シャルダン]]画]]
[[Image:Brioche des Rois dsc06781.jpg|thumb|[[トゥーロン]]のブリオッシュ・デ・ロワ]]
'''ブリオッシュ'''([[フランス語|仏]]:Brioche)は[[フランス]]の[[菓子]]。ブリオーシュとも書く。[[バター]]と[[鶏卵|卵]]を普通の[[パン]]より多く使った食品である。名前の由来として、地方名の[[ブリー]] (brie) や[[僧侶]]の座った形であるという説がある。
 
[[だるま]]のような形に成形したものが最も一般的であるが、[[プロヴァンス]]地方などでは[[公現祭]]を祝って[[ガレット・デ・ロワ]]の代わりにブリオッシュ生地を用いてブリオッシュ・デ・ロワ(Brioche des Rois)またはガトー・デ・ロワ(Gâteau des Rois)という菓子を作る。ブリオッシュ・デ・ロワは普通のブリオッシュよりも大きく、王冠のような環型をしており、果物の砂糖漬けなどで飾りつける。ブリオッシュ・デ・ロワの「ロワ」(王たち)とはフランス語で「ロワ・マージュ」(rois mages)と呼ばれる[[東方の三博士]]のことである。またブリオッシュの生地は、[[クグロフ]]、[[サヴァラン]]、[[ババ (菓子)|ババ]]などにも応用される。
 
名前の由来として、地方名の[[ブリー]] (brie) や[[僧侶]]の座った形であるという説がある。
 
ブリオーシュとも書く。形が王冠に似ていることから『王の菓子』とも呼ばれている。
 
中世ヨーロッパでは、バターや卵の入ったブリオッシュのようなパンは菓子であると考えられた。[[18世紀]]のフランス王妃[[マリー・アントワネット]]が言ったと伝えられる「[[マリー・アントワネット#「パンがなければ」の発言|パンが食べられないのならお菓子を食べればよいのに]]」の「お菓子」とはこのブリオッシュのことである。
ブリオッシュは現代ではパンの一種の扱いであるが、かつてはお菓子の一種の扱いをされており、バターと卵を普通のパンより多く使った、いわゆる「贅沢なパン」である。
 
発言の主は[[マリー・アントワネット]]とされることが多い。
 
お菓子ではなくケーキまたはクロワッサンと言ったという変形もある。なおフランスのクロワッサンやコーヒーを飲む習慣は、彼女がオーストリアから嫁いだ時にフランスに伝えられたと言われている。(ルイ16世の叔母である[[ヴィクトワール・ド・フランス|ヴィクトワール王女]]の発言とされることもある)。