「備北 (備後国)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''備北'''(びほく)とは、[[広島県]]北東部、旧[[備後国]]北部一帯を指す地域名である。'''北備'''(ほくび)とも呼ぶ。
 
ちなみに[[岡山県]]北西部(旧[[備中国]]北部)一帯や、岡山県北部一帯、もしくは岡山県北部から広島県北東部の旧[[吉備国]]一帯を指す言葉としても使われる。
また河川も多く、[[江の川]](水源は[[芸北]]地方)や、その支流である[[西城川]]・[[馬洗川]]・[[上下川]]・[[美波羅川]]などが流れる。これらの支流と江の川は、三次市内で合流し、島根県へ流れ日本海へ至る。
 
東部では岡山県へ流れ、[[高梁川]]と合流し[[瀬戸内海]]へ流れ出る[[成羽川]]([[東城川]])や[[小田川 (高梁川水系)|小田川]]などの河川もある。
 
世羅郡や府中市上下町・神石町・庄原市東部では、瀬戸内海へ流れる河川と日本海へ流れる河川とが存在しており、この一帯が[[分水嶺]]となっている。
32,842

回編集