「ボルドーワイン」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: fa:شراب بوردو)
[[ジロンド県]]全域にわたる地域で「ボルドー」を名乗ることができ、この一帯は世界的に最も有名な[[ワイン]]産地の一つである。ここで産出される赤ワインは、クラレット/クレレ(Claret)とも呼ばれる。また、白ワインについても[[ソーテルヌ]]の甘口な[[貴腐]]ワインなどがその高い品質で知られる。
 
ボルドー産の赤ワインに使用されるブドウは、[[カベルネ・ソーヴィニヨン]]、[[カベルネ・フラン]]、[[メルロー]]といった品種が中心で、適度な酸味と甘みが溶け合い、その繊細な味わいの特徴は非常にやわらく繊細であり、「ワインの女王」とも呼ば称さることがあている。ボルドーでもサンテミリオン地区で生産される赤ワインにはメルローの使用割合が多くなり、また違った味わいを持っている。
 
一方、白ワインでは[[ソーヴィニヨン・ブラン]]といった品種が多く使用される。しかし、ソーテルヌ地区で生産される甘口の貴腐ワインには[[セミヨン]]が使用される。
284

回編集