「ヘルベルト・マルクーゼ」の版間の差分

m (bot: 未來社)
* 1964年 ''One-Dimensional man : studies in the ideology of advanced industrial society'' ([[生松敬三]], [[三沢謙一]]訳『一次元的人間--先進産業社会におけるイデオロギーの研究』, [[河出書房新社]], 1974年)
*:[[否定]]的契機を喪失している、[[全体主義]]的[[管理社会]]を批判した
* 1965年 ''Kultur und Gesellschaft'' ([[田窪清秀]], [[井上純一]]他訳『文化と社会』上下, [[せりか書房]], 1969年)
* 同年 Robert P. Wolff, Barrington Moore Jr. and H. Marcuse, ''A Critique of pure tolerance'' ([[ロバート・ポール・ウォルフ]]他著, [[大沢真一郎]]訳『純粋寛容批判』, せりか書房, 1968年)
* 1967年 ''"Das Ende der Utopie"'' ([[清水多吉]]訳『ユートピアの終焉--過剰 抑圧 暴力』, [[合同出版]], 1968年)
匿名利用者