「久我通言」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''久我 通言'''(こが みちのぶ、[[長享]]元年([[1487年]]) - [[天文 (元号)|天文]]12年([[1543年]])2月)は、[[室町時代]]後期の[[公卿]]。戦乱期の[[後土御門天皇]](103代)・[[後柏原天皇]](104代)・[[後奈良天皇]](105代)の三帝にわたり仕え、官位は[[従一位]][[右大臣]]まで昇る。道号は柏仲。父は右大臣[[久我豊通]]。妻は[[徳大寺実淳]]の娘。子に[[権大納言]][[久我邦通]]、[[徳大寺公維]]、[[西園寺実宣]]室。養子に権大納言[[久我晴通]]([[近衛家]]より)、養女に慶子([[九条稙通]]政所)。
 
長享3年([[1489年]])叙爵して以降累進して、[[侍従]]・左近衛少将・左近衛中将を経て、[[文亀]]2年([[1502年]])[[従三位]]となり[[公卿]]に列する。[[永正]]3年([[1506年]])権[[中納言]]となる。永正11年([[1514年]])に権大納言となる。[[大永]]元年([[1521年]])右近衛大将となる。大永3年([[1523年]])[[内大臣]]に任じられる。大永4年([[1524年]])右近衛大将を辞職。[[享禄]]元年([[1528年]])[[右大臣]]となる。天文4年([[1535年]])[[従一位]]となる。翌年に父豊通が没し、悲観して50歳にして出家して[[朝廷]]を去った。
 
子の邦通が若くして薨去したあとには[[近衛家]]から晴通を[[養子]]として迎え、跡を継がせている。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者