「鳥海山大物忌神社」の版間の差分

m
位地追加
(延喜式主税料の記述追加)
m (位地追加)
名称=鳥海山大物忌神社|
所在地=山形県飽海郡遊佐町<br />大字吹浦字西楯(本社)<br />大字吹浦字布倉1(吹浦)<br />大字上蕨岡字松ヶ岡51(蕨岡)|
位置=(吹浦口之宮)<br />{{ウィキ座標2段度分秒|39|04|30.45|N|139|52|44.05|E|scale:10000}}<br />(蕨岡口之宮)<br />{{ウィキ座標2段度分秒|38|59|49.00|N|139|56|38.00|E|scale:10000}}|
祭神=大物忌大神|
社格=式内社(名神大)・出羽国一宮・国幣中社・別表神社|
[[画像:鳥海山大物忌神社 蕨岡口之宮.jpg|250px|right|thumb|大物忌神社 蕨岡口之宮本殿]]
 
'''鳥海山大物忌神社'''(ちょうかいさんおおものいみじんじゃ)は、[[山形県]][[飽海郡]][[遊佐町]]にある[[神社]]。[[出羽国]][[一の宮|一宮]]、[[式内社]](名神大)、旧[[社格]]は国幣中社で、戦後、[[神社本庁]]の[[別表神社]]となった。[[鳥海山]]頂の本社と、麓の吹浦と蕨岡の2か所の口之宮(里宮)の総称として大物忌神社と称する。主祭神は[[大物忌神|大物忌大神]]で、『神祗志料』や『[[大日本国一宮記]]』では[[ウカノミタマ|倉稲魂命]]のことであるとしている。[[2008年平成]]20年([[平成2008年]]20年)国の[[史跡]]に指定された。
 
== 歴史 ==
===出羽国一宮===
[[延長 (元号)|延長]]5年([[927年]])には[[延喜式神名帳]]により式内社、[[名神大社|名神大]]とされた。また、同式の『主税式』においても祭祀料2,000束を国家から受けている。『延喜主税式』によれば、
当時国家の正税から祭祀料を受けていたのは[[陸奥国]][[鹽竈神社]]、[[伊豆国]][[三嶋大社|三島社]]、[[淡路国]]大和大国魂社の4社しかないことから、大物忌神社が国家から特別の扱いを受けていたことが伺える。
 
[[出羽国]][[一宮]]とされ、[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]の[[正平 (日本)|正平]]13年([[北朝 (日本)|北朝]]の元号では[[延文]]3年、[[1358年]])、[[南朝 (日本)|南朝]]の[[陸奥守]]兼[[鎮守府将軍]]である[[北畠顕信]]が南朝復興と出羽国静謐を祈願した寄進書<ref>吹浦口之宮 所蔵 ([[重要文化財|国重要文化財]])</ref>に出羽国一宮の記述が見える。これが文献上における一宮名号の所見であるとされる。
[[明治]]4年([[1871年]])吹浦宮が[[近代社格制度|国幣中社]]に指定されたが、かつての一宮争いのこともあり、明治14年([[1881年]])に山頂の宮を国幣中社に指定し直し、麓の吹浦および蕨岡の社殿を「口之宮」と定めた。[[昭和]]30年([[1955年]])、三社を併せた総称として現在の「鳥海山大物忌神社」に改称した。
 
独立峰鳥海山は、古代には国家の守護神として、また古代末期から中世および近世を通じては出羽国における中心的な信仰の山として現在の山形県[[庄内地方]]や[[秋田県]][[由利郡]]および[[横手盆地]]の諸地域など周辺一帯の崇敬を集め、特に近世以降は農耕神として信仰された。[[平成]]20年([[2008年3]])3月28日、鳥海山の[[山岳信仰]]の中心を担ってきた大物忌神社は、古代から中世、近世の宗教や信仰の実態を知るうえで貴重であるとして、神社[[境内]]が国の史跡に指定された。
 
== 祭事 ==
663

回編集