「退去強制」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
=== 異議の申出 ===
容疑者が判定に異議があるときは、判定通知の日から3日以内(日数は通知の翌日から起算)に法務大臣に対し、異議の申出をすることができる。[[法務大臣]]又はその権限の委任を受けた[[地方入国管理局長]]は、関係書類を精査し、異議の申出に理由があるかを書面審理する。異議の申出に理由があり、退去強制事由がないと裁決された場合には、直ちに容疑者は放免される。出国命令対象者であると裁決された場合には出国命令手続に移行し、容疑者は出国命令を受けたら直ちに放免される。異議の申出に理由がなく、[[在留特別許可]]をしないと裁決された場合には、主任審査官により退去強制令書が発付される。法務大臣等は、異議の申出に理由がない場合であっても、[[永住許可]]を受けているとき、かつて日本国民として本邦に本籍を有したことがあるとき、人身取引等の被害者であるときその他法務大臣等が特別に在留を許可すべき事情があると認めるときには、その者の在留を特別に許可し、直ちにその者を放免する。
 
ただし、「日本人との婚姻関係がある」と偽装結婚する、在留特別許可の悪用が、中国人社会で「黒転白」(ヘイ・ジャン・パイ)として流行。それを手助けする日本人業者も少なくない。
 
=== 退去強制令書の執行 ===
匿名利用者