「スミュルナのコイントス」の版間の差分

m
→‎生涯: 間違い
m (→‎作品: +link, -iw)
m (→‎生涯: 間違い)
 
==生涯==
コイントスがいつの時代の人だったかは諸説ある。紀元前4世紀後半とするのが慣習的であるが<ref> Thomas Christian Tychsen, ''Quinti Smyrnaei Posthomericorum libri XIV. Nunc primum ad librorum manoscriptorum fidem et virorum doctorum coniecturas recensuit, restituit et supplevit Thom. Christ. Tychsen acceserunt observationes Chr. Gottl. Heynii'' (Strassburg: Typhographia Societatis Bipontinae) 1807.</ref><ref>Armin H. Köchly, ''Quinti Smyrnaei Posthomericorum libri XIV. Recensuit, prolegomenis et adnotatione critica instruxit Arminius Koechly'' (Leipzig: Weidmannos) 1850.</ref><ref>A.S. Way, ''Introduction'' 1913.</ref>、紀元前3世紀、[[紀元前2世紀]]とする学者もいる。
 
コイントス自身によると、若い時、[[スミュルナ]](現[[イズミル]])近郊で羊の番をしている時に詩を書き出したとあるが、これは[[ヘーシオドス]]に合わせた[[トポス (詩学)|トポス]]かも知れない。この経歴は[[アポローン]]や[[パリス]]とも一致する。
5,814

回編集